日本1−0オーストラリア

延長戦までもつれた試合。すごく緊張感のある、目の離せない良い試合でした。

最後は替わりに出た李選手。長友選手からのクロスを美しいボレーで決めました。

この日はこの大会、退場があった川島選手や吉田選手が集中していい仕事をしていました。

前半から厳しい試合でした。オーストラリアが強かったです。点を取れるにおいすらなかなかしない試合でした。機能してなかった藤本選手から岩政選手を入れて守備を安定させてから試合もチャンスが作れるようになりました。
ザッケローニ監督の手腕が光った試合でした。

長友選手の無尽蔵のスタミナもすごかった。本田選手もやっぱり巧いし。

お互いにすごくフェアで、決勝にふさわしい試合だったと思います。また勝ち切ったことが今後につながる気がします。

なにより大会を通じて代表戦って素晴らしいと思わせたのが良かったです。魅力のない代表が続いていたので・・・。

しかし、厳しい大会、そして面白い大会でした。香川選手、松井選手の怪我だけは残念でしたが。

ドラマが日本にあった大会でしたね。

これからの日本も楽しみです。