第90回全国高校ラグビー大会最終日は8日、大阪・花園ラグビー場で決勝が行われ、前回と同じ顔合わせの東福岡(福岡第1)―桐蔭学園(神奈川第2)戦は31―31で終了し、史上4度目の両校優勝で幕を閉じた。
東福岡は2年連続3度目の栄冠。桐蔭学園は3度目の決勝進出で初優勝を果たし、東日本勢で第77回の国学院久我山以来、神奈川勢としては第74回の相模台工以来の日本一。両校優勝は決勝が中止となった第68回(茗渓学園―大工大高)以来で、引き分け試合では第27回(秋田工6―6函館市中)以来となった。(時事通信より)

すばらしい試合でした。東福岡のがFWなど力強い感じがしていましたが、桐蔭学園はバックスのスピードで対抗。東福岡のディフェンスを切り裂きトライを量産。一時期は31−10としました。

ここからの東福岡の猛追も見事でした。桐蔭学園は2つPGを狙って取れなかったのも響きましたね。

しかし、桐蔭学園の松島選手、竹中選手はすばらしい強さと速さを持っています。上での活躍も期待したいですね。

しかし、63年ぶりの試合での引き分け優勝だったんですね。両校に拍手を送りたいです。