10月31日に四日市球場で行われた第2試合、愛工大名電−大垣日大の観戦記です。
名電が大垣日大に対してどういう試合をするかに注目しました。
4回終了まで現地で見ていて、それ以降はラジオで聞きながらの感想になります。

愛工大名電
1000000|1
001360X|10
大垣日大
(7回コールド)
愛工大名電
濱田、坂谷、都筑−清岡
大垣日大
葛西−時本

(試合経過)
1回表、死球で出た先頭バッターを送って1死2塁。3番田中のバントの際の送球が逸れ記録ヒットで1、3塁。4番大村の犠牲フライで名電が先制。1−0
2回表、先頭の清岡がヒットで出塁も、続く2人が続けてバント失敗。ここはサードの星野が見事。
1回、2回と併殺打でチャンスをつぶしていた大垣日大は3回裏、サードエラーで出た2死3塁のチャンスで1番畑がライトへ同点となるタイムリー。1−1
4回裏、無死1塁から4番高田がレフトへ2ラン。大垣日大が勝ち越し。更に1死1、3塁からセーフティスクイズ成功。4−1
4回終了で球場を後にしました。
5回裏、無死1塁から2番後藤3番星野の連続2ベースで2点。更に1死3塁からサードゴロエラーで1点。1死1塁でバントの判定で中断。2死2塁で7番野々部がタイムリー。更に8番上木が2ラン。ここでピッチャー交替、坂谷。10−1
6回裏、無死2塁、カウント0−3でピッチャー交替、都筑。ライトの好プレーもあってこの回は0点。
葛西が尻上がりに抑えて7回コールド。大垣日大が圧倒しました。
一言でいえば名電の自爆。

まず考えられないのが、1回先制後の2死1塁で5番の幸村にカウント2−0からバントをさせて3バント失敗。もうアホとしか言いようがないです。
見ていた4回までで、送りバントを3度も失敗してるし。ただ、2回のプレーは大垣日大のサードの星野君のプレーが素晴らしかったけど。
逆に名電はサードの村山君がエラーを連発。主将だけに伝染しちゃいますよね。。。
あと、バントプレーを巡っての抗議。確かに、審判の判断も悪かったのだと思われますが、結局寒い中長い事抗議して、挙句にその後に痛打を浴びる。
その時点で7−1。これ以上の失点うんぬんは分かりますけど、結果自爆してる。
こういうチームには勝利の女神はほほ笑まないと思いますね。

大垣日大は、濱田攻略が見事でした。相手をあざ笑うバントをうまく使っての多彩な攻撃。ここぞでの集中打。見事でした。
心配は葛西投手。昨年に比べて球威、キレが感じられませんでした。投球術は上がっていると思いますが・・・。
投げさせ過ぎのような気もしますね。一冬で良くなればいいですけど。