9月12日に小牧球場で行われた第1試合、三好−碧南の観戦記です。
西三河の強い公立の代表的な2校の対戦。新チームになってどんなチームかに注目して観戦しました。

三好
102000012|6 H12 E0
000000010|1 H5 E1
碧南

三好
木俣−加藤
碧南
三田、中尾−小西
投手成績
三好
木俣(1)9回 105球 被安打5 四球0 三振7 失点1
碧南
三田(11)5回1/3 69球 被安打8 四球2 三振2 失点3
中尾(1)3回2/3 49球 被安打4 死球1 三振3 失点3
三好のエース木俣君は右のオーバーハンド。1年生。まっすぐはなかなか速く伸びがあります。コントロールが良くて大崩れはしないピッチャー。
碧南の三田君はこちらも1年生。上背も結構あります。まっすぐはぼちぼち。ムービング系のボールを投げてたかな?
中尾投手は左のオーバーハンド。かなり1塁側に足を踏み出してクロスして投げます。まっすぐはそこそこ。

(試合経過)
1回表、1死2、3塁から4番木俣のタイムリーで三好が先制。1−0
2回表、先頭の7番加藤の2ベースから1死3塁としますが、セカンドゴロでホーム憤死。チャンスを逃します。
3回表、1死2塁から3番泉田がタイムリー。更に1死1、2塁から5番木村がタイムリー2ベース。尚も1死満塁からスクイズをしますが、P正面でダブルプレー。この回は2点どまり。
6回表、1死1、3塁でピッチャー交替、中尾。
8回表、1死3塁から6番安藤がタイムリー。4−0
8回裏、2死2、3塁からワイルドピッチで1点。4−1
9回表、2死2塁から3番泉田がライトへホームラン。6−1
三好が勝ちました。
内容としては三好の完勝。得点差以上に差があった印象です。
打線もなかなか当たっていますし、守備もまとまっています。

次は東邦と当たるということで、偵察にも来ていましたが、気を引き締めていたんじゃないかな?と思います。

三好でもったいないと感じたのは走塁。随所に甘さを感じました。もっと積極的に狙っていってほしいな、と思います。それがあればコールドにも持ち込めたかも?

1年生でエースで4番の木俣選手はこの先も楽しみですね。故障なく伸びてほしいです。

碧南は先発が11番の三田君。1番の中尾君が6回途中から。夏のエースだった宇都君は登板せず。このことから投手陣が調子を落としていたことがうかがえます。
投手陣を中心に勝ちあがってきたのはなんとなくわかったので、さらにチーム力をUPさせてほしいですね。