報徳学園3−2砺波工
いなべ総合0−6福井商
明徳義塾6−2本庄一
興南9−0鳴門

今日は見に行こうかと考えていたのですが、天候や体調を考えてやめました。しかし、第1試合は現地に居たかったですね。
第1試合は砺波工が大善戦。報徳学園を最後まで苦しめました。惜しかった。

第2試合は見ていましたが、内容的にはほぼ互角。いなべの方がチャンスを多く作っていました。しかし結果は福井商が勝ち。このあたりが野球の面白さですね。
やっぱり福井商のがいいところでいいプレーが出ていたし、ビッグイニングはミスも絡んだ。こういうもんですよね。
いなべ総合は岡部君が素晴らしかった。でも近藤君もやっぱり肩が痛かったようですが、4回まではしっかり抑えていたんですよね。このあたりは難しいところでした。

第3試合は、本庄一が一旦リードしたんですが、そこを押し返すあたりは明徳の甲子園での強さですね。でも、明徳義塾も例年の強さはないかな?

興南はさすがの地力を発揮。でも鳴門も食らいついていました。島尻君が春ほど圧倒できない感じがあったので、夏の連覇はやっぱり大変そうと感じました。

見に行ったとしても第2試合までだったと思いますが、いい試合が多かった印象ですね。

5日目カード
大分工−延岡学園
仙台育英−開星
水城−東海大相模

5日目は3試合。
第3試合から2回戦に入ります。

大分工はピッチャーがいいんですよね?九州勢同士の対戦。口蹄疫で揺れた宮崎代表にも頑張ってほしいですね。
第2試合も好カード。どっちもピッチャーがいいですよね。仙台育英は決勝でボロ勝ちしているのが気になりますが・・・。

東海大相模は優勝候補にも挙げられていますが、水城が足元すくわないかなーなんて思っています。