Jリーグ1部(J1)の京都は27日、成績不振で加藤久監督(54)が退任し、後任に秋田豊コーチ(39)が昇格すると発表した。
秋田氏は現役時代に鹿島の主力DFとして活躍し、J1通算391試合で23得点。日本代表では44試合に出場して4得点。1998年ワールドカップ(W杯)フランス大会、2002年日韓大会の代表に選ばれた。名古屋を経て07年に京都に移籍し、同年11月で引退。秋田氏はクラブを通じ、「以前からの夢である監督としてのスタートを切るには、非常にやりがいがある。今の状況を打破していきたい」との談話を出した。 (時事通信より)

おぉー。秋田さんがJリーグの監督かぁ。

なんか、まだ秋田選手と言ってしまいそうになります。
何でこれを記事にしたかというと、秋田さんは、数少ない、愛知高校、愛知学院大の有名な先輩なんですよね。なんといっても日本代表の中心選手でしたし。

是非是非監督としても成功してほしいです。頑張れ、秋田監督。