5月21日に春日井球場で行われた第2試合、中京大中京−静岡の観戦記です。
静岡1位の静岡高校がどういう野球をするか、また、中京大中京の投打の成長がどうか、を注目して観戦しました。

中京大中京
302000101|7 H13 E3
200310002|8 H11 E1
静岡

中京大中京
浅野−磯村
静岡
河村、竹内旭−山路
投手成績
中京大中京
浅野(10)8回2/3 123球 被安打11 四死球5 三振3 失点8
静岡
河村(1)8回2/3 113球 被安打13 四球2 三振3 失点7
竹内旭(10)1/3 3球 被安打0 四球0 三振0 失点0
浅野投手は左のスリークォーター。球威がやっぱり寂しい。厳しいところを突こうという意識が強いのか死球が4つと多かった。
静岡高の河村投手は右のオーバーハンド。上背もあります。まっすぐは結構早い。ただ変化球はあんまりキレがない。
竹内旭投手は右の変則サイドハンド。スピードはあんまりない。

(試合経過)
1回表、先頭の小木曽がヒット。2番川本が送って1死2塁とし、3番森本が右中間を綺麗に破るタイムリー2ベース。更に2死後、5番岩井川、6番堀井がいずれも初球を叩いて連続タイムリー2ベース。中京が3点先制。
1回裏、先頭の高階が2ベース。送って1死3塁とし、3番板倉が犠牲フライ。続く4番小川がライトポール際へソロホームラン。3−2
3回表、1死から森本、磯村、岩井川の3連続タイムリー2ベースで2点を上げ5−2
4回裏、3番板倉、4番小川の連打に返球エラーが重なり無死2、3塁。5番竹内敬が右中間へ2点タイムリー2ベース。更に2死1、3塁からダブルスチールを誘い、キャッチャー磯村の2塁送球がセンターへ抜けて3塁ランナーホームイン。5−5の同点に追いつきます。
5回裏、1死から2番落合がレフトへホームラン。6−5と静岡が逆転。
7回表、1死1塁でけん制エラーが出て一気に3塁へ。3番森本が犠牲フライを放ち同点。6−6
9回表、2死無走者から3番森本がレフトへヒットでやや暴走かと思ったが2塁を陥れる好走塁。バッテリーエラーで3塁に進み、磯村を歩かせて1、3塁となり、5番岩井川がレフトへ勝ち越しタイムリー。ここでピッチャー交代、竹内旭。堀井を抑え1点差で9回裏に。
9回裏、1死から2番落合が2ベース。死球があって1、2塁から4番小川がタイムリー。更に2死1、2塁から6番山路がレフトへヒットを放ちホームクロスプレーもセーフでサヨナラ。静岡が勝ちました。

中京大中京は県大会で当たりのなかった森本が2ベース3本と調子を上げてきたのは好材料。磯村は相変わらず警戒されるため、なかなか当たりが出ないですが、前後が当たってくるとつながります。
1年生でセカンドレギュラー番号を取った栗岡君がポテンヒット1本。貴重な経験にしたいですね。
守備はミスはありましたが、外野守備はすごい。岩月君なんかはうますぎて、普通のプレーに見えてしまう。ただ、これだけの守備で8点を取られてしまう浅野君は正直苦しい。まだ2年生ですし、無理させるよりも土台から作った方がいいと思うのですが・・・。

静岡高はホームラン2本。中京大中京に引けを取らない打撃を見せました。ピッチャーの河村君もまっすぐは力があるし、変則Pの竹内旭君とうまくつなげば夏も楽しみなチームです。静岡勢のレベルの高さは感じました。

さすが伝統校ということで、古いOBの方の勝った後の歌とか渋かったです。また夏に出てこれるといいですね。