4月29日に熱田球場で行われた第2試合、碧南工−誉の観戦記です。
碧南工は一度見ているとはいえ、4回まででしたし、エースは未見。誉は秋から始めて見るということで、両チームがどんなチームか、改めて感じながら観戦しました。

碧南工
0100000|1 H3 E0
0000044|8 H8 E2

投手成績
碧南工
片山(1)6回1/3 108球 被安打6 四球3 三振5 失点6
鈴木(8)0/3 4球 被安打0 四球1 三振0 失点1
神谷(9)1/3 6球 被安打2 四球0 三振0 失点1

伊藤(1)7回 被安打72球 被安打3 四球0 三振4 失点1

碧南工の片山投手は右のオーバーハンド。腕の振りが柔らかい。まっすぐはそこそこながら、コントロールが良く丁寧に投げていました。
鈴木投手は投球練習からまったくストライクが入らずボール4つで終わってしまいました。
誉の伊藤投手は右のサイドに近いスリークォーター。まっすぐはまぁまぁのスピード。テンポ良く投げ込んでほとんど碧南工にバッティングをさせませんでした。いいピッチャーです。

(試合経過)
2回表、2死無走者から6番鈴木の時に2ナッシングから三振を取りにいって甘くなりヒットを許す。7番山藤の時に2球目に盗塁をしかけ、この送球が逸れ3塁へ。3塁への送球も逸れる痛恨のダブルエラーでホームまで帰ってきて碧南工が1点先制。
ここからはテンポ良く進み、5回までお互いにヒットが2本ずつ。
6回裏、1死1塁から、3番松澤が2ベース。2、3塁として4番長谷川がタイムリー。続く若杉が犠牲フライを上げ逆転。更に2死2塁から6番田中眞がライトへ2ラン。4−1と一気にひっくり返します。
7回裏、2死満塁から4番長谷川が替わった神谷からタイムリー。更に5番大久保が走者一掃タイムリー3ベースでコールド成立。誉が勝ちました。

いい試合でした。結果はコールドになりましたが、お互いのピッチャーが持ち味を発揮していたと思います。
碧南工の片山君は、6回に2ナッシングから惜しい球をボールと言われて、三振を取りそこなったんですよね。そこから決めきれずに崩れてしまった感じがありました。最後は疲れも出ていたと思いますが、鈴木君のあとにもう一回投げさせてあげてもよかったかな、とも思いました。でも刈谷に勝っただけのちからは見て取れました。
誉は大きなチャンスで4番がきっちり仕事をしたのが大きかった。あと、6番の田中眞君のホームランで勝負は決まった感じでしたね。
ひとつダブルエラーはもったいないの一言ですが、それ以外はしっかり守っていたし、エースを中心に力はあるな、と感じました。シードを取ったことを活かして夏もがんばってほしいですね。