2009年の野球観戦を振り返ります。(過去2年はこちら。2008年 2007年)

◎のべ試合観戦数 130試合

去年、大台(100)突破で驚いていましたが、あっさり記録更新(笑)。
多分これ以上は難しい気がしています。去年も同じようなこと言った気もするけど・・・。
ただ、途中退席や途中から見た試合も加えていますので、全部最初から最後まで見たわけではないですけどね。3月〜11月の9カ月間の試合数なので、ものすごいペースのような気がします。

●内訳
プロ野球オープン戦 2試合
プロ野球公式戦 14試合(うちビジター2試合、オリックス−ロッテ戦1試合)
プロ野球2軍戦 5試合(プロアマ交流戦含む)
高校野球 89試合(軟式試合も含む)
大学野球 18試合(大学社会人交流戦含む)
社会人野球 2試合

今年は大学野球が多かった。逆に社会人野球が少なかったですね。プロも過去最高だと思います。パノラマの味を覚えたのが大きかったですね。

ベストゲームを季節毎に選びたいと思います。


5月2日熱田球場
東邦10−2松蔭
春は今年は松蔭の快進撃ですべてが吹っ飛びました。東邦戦は7回裏に一旦は勝ち越した時の興奮が忘れられません。8回表に底力にやられましたが、すばらしいゲームでした。

次点
6月8日瑞穂球場
愛知大2−0名城大
大学の試合を選ぶのは珍しいのですが、この試合は昇格をかけた意地と意地とのぶつかり合いが素晴らしく、祖父江君の熱投が光った一戦でした。


7月28日瑞穂球場
中京大中京15−0愛工大名電
これをベストゲームに選ぶのは間違っているかも知れませんが、あまりにインパクトが強く、この試合ですべての印象が吹っ飛んだのでこの試合を選びました。
中京大中京の打球の凄さにびびらされ、全国制覇が出来ると本気で思わせていただき、実際に達成したことも大きなポイントでした。

次点
7月25日小牧球場
愛知啓成5−3至学館
こちらは啓成が先手を許す苦しい試合ながら、クロスゲームで見ごたえがありました。啓成は東邦もコールドで破り、中京の次元の違う強さがなければ甲子園も行けたのになぁと思ういいチームでした。


10月24日岡崎球場
豊川11−9県岐阜商
秋はいい試合が多く選ぶのに迷いましたがベストゲームはこれです。
とにかくいい試合でエラーやミスもありましたが、最後まで目の離せない熱戦。面白い試合でした。

次点
10月25日豊田球場
大垣日大2−0常葉橘
正直迷いました。大垣日大−中京中京−県岐阜商もいい試合でしたが、あわやパーフェクトのインパクトが忘れられなくてこの試合に。どうせなら見たかったですが、ボテボテの内野安打1本で抑えたことも素晴らしい。

今年もいい試合にたくさんめぐり合えました。また来年もいい試合に出会いたいな、と思っています。

観戦記も読んでいただきありがとうございました。来年も見た試合は極力UPしていきますので、よろしくお願いします。感想やコメントをいただけると嬉しいので、こちらもお願いします。