9月13日に小牧球場で行われた第3試合、弥富−天白の観戦記です。
4回終了時までしか見ていないので、そこまでの感想などになります。
中部大第一に勝って県大会に進んだ天白高校。エースの森君は1年時に夏の大会で東邦戦で慌てさせているピッチャーでしたので注目していました。

弥富
110100000|3
00101210X|5
天白

弥富
甲斐(10)、上田、三浦(1)、安井−加藤
天白
森(1)−小林

弥富の先発の甲斐君は右のオーバーハンド。アーム投げ。まっすぐとスライダーのコンビネーション。まっすぐはそこそこでしたね。
三浦君は見てないですが、登板して乱調だったようです。四球で自滅。もったいなかったですね。
安井君は地区予選で見ています。
天白のエース森君は右のオーバーハンド。まずまず球威があります。スライダーとチェンジアップを投げていました。安定感がありそうですね。

(試合経過)
1回表、2死2塁から4番伊藤がレフトへタイムリー。サード取れそうなあたりでもありましたが・・・。
1回裏、2死から足道が2ベース。3塁まで進めましたが4番が倒れ0点。
2回表、2死1塁から9番花木がタイムリー3ベース。2−0とします。
3回裏、四球のランナーを送って1死2塁から3番足道がタイムリー。送球間に2塁に進むも4番5番が倒れ1点止まり。
4回表、先頭バッターがショートの送球エラーで2塁に。送って1死3塁から7番梶野がタイムリー。3−1に。
4回裏までの観戦でしたので、ここまでしか分りませんが、天白の勝ち越しは押し出し四球だったらしいですね。

弥富は序盤は得点してペースを握ったように思えたのですが、ピッチャーにそれほど力を感じてはなかったので、終盤もつれたら分らないな、と思っていました。ただ、自滅はもったいなかったですね。それ以上に打てなかったみたいですね。その心配は地区予選での江南戦でも感じていました。
天白は4回まではちょっと不利な判定もあったり、ミスを得点されたりと劣勢でした。しかし、5回以降は良く踏ん張ったようです。3番の足道君は見てた時は2打数2安打。1年生ですし楽しみな選手ですね。エラーは2つありましたが・・・。
天白はこれで2回戦を突破。次は名古屋国際戦ですね。享栄を破って勢いに乗っている可能性はありますが、ここを勝つと21世紀枠の目も出てきますし頑張ってほしいですね。