4月29日に行われた第2試合、愛産大三河−豊川の観戦記です。ただ、この試合は5回表までしか見ていないのでそこまでの印象になります。

愛産大三河
000000003|3
000000100|1
豊川

愛産大三河
浦川、浅野―金子、本田恵
豊川
直塚、渦鴫、水谷―北山

浦川君は右のオーバーハンド。前回の安城学園戦でも見ています。大柄。MAX135k。
豊川の直塚君はややトルネードの右オーバーハンド。MAX135k。
下岡君も右オーバーハンド。MAXは126k。

やや審判が辛くお互いにコントロールに苦労していました。

三河は2回以外は毎回2人ランナーが出ていましたが、3回にはキャッチャーからの牽制死、5回にはバント失敗にゲッツーとチャンスを潰していました。
一方豊川も1〜4回まで毎回ランナーは出していましたが無得点。ジリジリした試合でしたね。

チーム力はほぼ互角に思えました。ただ、愛産大三河はエース堀江君が故障(ねんざ?とのこと)。シードを確保したので、今度はしっかり夏に向けて仕上げてほしいですね。
豊川は2回戦も直塚君が完投しているので、彼がエース格なのかな?まずまず力はあるので、こちらも調整をしっかりしてほしいですね。