4月19日に小牧球場で行われた第2試合、津島東−愛工大名電の観戦記です。
個人的には秋の時点でTOP3と思っていた名電のチーム力、その強い名電に、地区予選とはいえ啓成に勝った津島東がどう喰らい付くかにポイントを置いて観戦しました。

津島東
000000000|0 H3 E4
00011010×|3 H9 E1
愛工大名電

津島東
服部―石島
愛工大名電
余語―林

投手成績
津島東
服部 。顕鵝。隠械欝紂“鎔詑韮后〇融犁紕魁〇或僑掘ー催寸魁兵責点0)
愛工大名電
余語 。慌鵝。坑圧紂“鎔詑韮魁〇裕紕亜〇或僑隠院ー催寸

服部君は左のオーバーハンド。この春は起工戦で見ています。とにかく左バッターの外へ曲がり落ちるスライダー、カーブのキレがすばらしく、2回以外は毎回ランナーは許すものの要所を締めるすばらしいピッチングでした。
余語君は右のスリークォーター。この日は軽く投げている感じでしたが、球は速い。コントロールも良く、寄せ付けませんでした。フィールディングはそんなに良くないかな。最近の愛知県の中では久しぶりの快速球、と言えるボールを投げるピッチャーかもしれません。

(試合経過)
1回裏、名電は1死から四死球で出塁。ワイルドピッチで2,3塁とするも、4番中沢、5番林が連続三振。
3回にも3塁までランナーを進めるも得点できなかった名電。ようやく4回裏、ヒット2本で1死1、2塁とし、7番村山の速い打球をサードがトンネル。2塁ランナーが返り名電が先制。しかし尚もダブルスチールなどで名電が仕掛けるも、津島東がこれを阻止するなどピンチを切り抜け、1点で食い止めます。
5回裏、1死から油井の1,2塁間の当たりが内野安打。無理に投げた送球が逸れ、ランナーは2塁へ。続く3番本田がタイムリーを放ち、2―0。
7回裏、先頭の谷口がショートへのヒット性の当たり。記録はエラーとなり出塁。盗塁2つに四球で無死1,3塁。3番本田はセーフティスクイズを仕掛けるも、ランナーがホームは間に合わないとみて3塁に戻る好判断でオールセーフ。無死満塁となり4番中沢が犠牲フライを上げ追加点を上げます。しかし続く林はセカンドライナーゲッツー。1点どまりとなります。
津島東は4回に1死から初安打を放つもゲッツー。結局、出したランナー4人のうち3回ゲッツーで抑えられました。余語が無四球で完封し名電が勝ちました。

名電は5番までが左、6番から4人が右とやや極端な打順でしたが、上位の左が服部君を打ちあぐねました。ただ、そんな中でも、チャンスを作り、少しずつでも加点していくのはさすがです。多少揺さぶりはありましたが、この日も無意味なバントはなし。やや左腕対策には課題が残りましたが、服部君が良かったですからね。
守備はとにかく落ち着いていて安定感があります。ミスをしても慌てないのがいいですね。足はみんな速いし、レベルが高いです。

津島東は大健闘。服部君のピッチングは感動すら覚えました。去年の夏に同じ名電に当たり、その時はバントから崩され、無念のコールド負けでした。それを思えば、この日は普通に守れていれば1失点。コントロールも良く、すばらしいピッチングでした。
それだけにバックは応えてあげてほしかった。完全に余語君に力負けしてしまいました。唯一、0−0で迎えた4回表、1死から初ヒットの後、打って出てゲッツー。次が4番だっただけに、送って4番を迎える形にしてほしかったかな、と思います。そこまでにすでに打てない兆候はありましたから・・・。

とにかく、去年の夏の対戦も見ているので、津島東、服部君の頑張りに感動させてもらいました。また、夏に向けて頑張ってほしいです。