4月1日に津島球場で行われた津島北−江南の観戦記です。勝った方が県大会に決まる決定戦。2回表途中からの観戦でした。

津島北
004000202|8
010000000|1
江南

津島北
カメガイ 愁淵イ
江南
ウエダ ▲ゲヤマ―野々村

津島北のエースカメガイ君は右のオーバーハンドでどっしりとした体格。若干トルネード気味に投げます。
江南のエースウエダ君は左のオーバーハンド。やや立ち投げ。スピードはあんまりない感じです。
カゲヤマ君は左のスリークォーター。

(試合経過)
2回裏、四球、犠打、ヒットで1死1、3塁とし8番カゲヤマがタイムリー。江南が先制。尚も送りバントで2死2,3塁とし、1番のウエダに繋ぐも三振。1点どまり。
3回表、2死2塁から1番池谷がライト線へ落ちるタイムリー3ベース。2番スミカワもタイムリーで続き逆転。さらに1、2塁から4番高橋が2点タイムリー3ベース。この回一挙4点を取り逆転します。
5回、6回と江南は足を使って攻めるも、津島北の好守備もあり得点出来ず。
7回表、バッテリーエラーも絡み1死2、3塁から3番佐藤の1塁ゴロでサードランナー一旦自重も、ベースへ入る隙をついてホームイン。さらにワイルドピッチでホームイン。6―1。
9回表、2死3塁から3番佐藤がタイムリー3ベース。4番高橋もタイムリー。ここでピッチャー交替、カゲヤマ。後続は絶つも駄目押し点を奪った津島北が勝ち、尾張地区の県大会最後の切符を掴みました。

江南は8回にもチャンスを掴みましたがゲッツー。結局拙攻が響いた形になりました。バッテリーエラーが3つあった7回に守備で試合が決まりましたね。勿体無い試合でした。
津島北は3回に2死2塁からの4連打は見事でした。一気に逆転したのが大きかった。また、この日は良く守っていましたね。ショートの佐藤君は安定した守備をしています。
伊佐地君という大黒柱が抜けましたが、まずまずまとまったチームだと思います。最後に勝ち取った強さで、県大会でも頑張ってほしいですね。