3月30日に津島球場で行われた滝−津島の観戦記です。敗者復活戦で負けたら県大会への望みがなくなる試合でした。
球場に着いた時には4回表の途中、滝の攻撃中でした。


100000100|2
21012101×|8
津島

高野 ⊆禿牒―丹羽
津島
坪内―早川
滝のエース、高野君は右のオーバーハンド。腕が真上から投げるピッチャーです。
柴田君は右のアンダーハンド。やや立った状態で投げます。ややアーム投げ。
津島の坪内君は右のオーバーハンド。カーブが決め球。

(試合経過)
4回表、無死満塁、滝が攻撃中のところで球場入り。ここで、スクイズを外されるも、津島がランダンプレーを失敗。オールセーフになるチョンボでしたが、滝も活かせず。サードゴロ、三振、三振でチャンスを逸します。
4回裏、1死から6番白井が3塁打。次打者の初球前に牽制球がボークと判定されサードランナーが生還。4―1。
5回表、ヒットの後、牽制悪送球で無死3塁となりながら、後続が倒れ無得点。
5回裏、1死2塁から3番陣内がタイムリー。2死2塁から5番上田もタイムリー。6―1とリードを広げます。
6回裏、先頭の白井が2打席連続の3ベース。1死後スクイズを決め7―1。
7回表、2死1、2塁から3番丹羽がタイムリー。7―2。
7回裏、滝はピッチャー交替、柴田。
8回裏、2死3塁からショートゴロの送球が高くなり1塁セーフ。8―2。
9回表も滝は満塁のチャンスを活かせず津島が逃げ切り、勝ちました。

滝はチャンスは結構ありましたが、もったいない攻めが多すぎました。5回、無死3塁で、津島は1点やってもいいよ、というシフトでしたが、内野ゴロでサードランナー動かず。4回、5回の無得点で試合が決まってしまった印象です。
監督さんが厳しい言葉の多い方。やや選手が萎縮して見えました。多くを求めすぎかなぁ。
津島は今日の代表決定戦にもつれています。やや力強さに欠ける印象があるんですよね。6番の白井君がこの日は大当たり。チャンスをうまく活かしたいですね。