3月26日に刈谷球場で行われた知立東−刈谷の観戦記です。例年好チームを作ってくる刈谷に注目して観戦しました。

知立東
000001000|1
30000000×|3
刈谷

知立東
七原、橋口 工藤―鈴木
刈谷
吉田―神谷

知立東の七原君は球場入りしたときにちょうど押し出し四球を与えたところでした。そしてそこで交代。のでまったく見れませんでした。
橋口君は右のスリークォーター。サイドに近い。丁寧に投げてゴロを打たせるピッチング。変化球でうまく三振を3つ奪っていました。ちょっと体の上下があって疲れそうな投げ方。
工藤君は右のオーバーハンド。6回から登板。投げ下ろすタイプの本格派ですね。
刈谷の吉田君は右のスリークォーター。ややアーム投げ。毎回ランナーは許していましたが、冷静に打ち取っていたのが印象的でした。

(試合経過)
1回裏、球場に着いた時に無死満塁から2点目を押し出しであげて、ピッチャーを交替したところでした。替わった橋口から犠牲フライで加点。3―0。この後のピンチはショートゴロ2つで凌ぎました。
6回表、1死から、2ベースとヒットで1、3塁とし、5番籾山が犠牲フライ。3―1。
刈谷は2回以降、大きなチャンスは作れず。8回に先頭の4番伊奈が2ベースを放つもバント失敗で3塁封殺になり、そのあとヒットで2死1,3塁まで行くも追加点は奪えず。
知立東も1点を返した6回以外も、8回を除いて毎回ランナーは出しているのですが、先頭は一度も出せず、チャンスらしいチャンスを作れませんでした。
刈谷がそのまま逃げ切り。3―1で勝ちました。

刈谷は守備位置が的確なのと、堅実な守りが光りました。目指す野球というのがきっちり出来ている印象ですね。
知立東は先発の七原君が誤算だったのでしょう。その後はほぼ互角だっただけに惜しい試合でした。ただ、1次リーグというのは、先発の選択もあるし難しいですね。その難しさが出た試合かもしれません。
でもなかなか締まった試合でした。