11月18日に行われた明治神宮大会大学の部の準決勝第1試合、立命館大−東洋大のTV観戦記です。

立命館大
000100000|1
01000200×|3
東洋大

立命館大
藤原−乗替、新田
東洋大
上野、内山−大野

立命館の藤原投手は3年生。前日に引き続き連投です。前の試合では1安打完封しています。やや変則の左腕です。大小2種類のスライダー、フォーク。MAX137k。左バッターのインコースを突けるのがいいですね。
東洋大の上野投手はロッテからドラフト3位で指名されました。帝京高出身の4年生。右オーバーハンド。東洋大のエース。MAX144k。スライダーは小さく鋭い、カーブ、フォーク。変化球のキレ、コントロールがいい。
2番手の内山投手は初戦の近大工学部戦でも投げた、1年生右腕。右スリークォーター。スライダー。MAX140k。

(試合経過)
1回表先頭の藤原大が初球をいきなりヒット。その後エンドランを決められず、2死までランナーを進められませんでしたが、ワイルドピッチがあり、2死2塁。4番柳田はうまくあわせましたが、センター正面のライナーで得点出来ず。
2回裏、先頭の大野に四球。送って1死2塁。7番鈴木、8番柘植に連続死球。特に柘植には頭への死球。9番上野が犠牲フライを上げ東洋が先制。後続は抑えたものの、勿体無い形で先制を許しました。
4回表、1死から四球のランナーを1塁に置いて、4番柳田が右中間へタイムリー3ベースを放ち同点。しかしこの後のピンチはショートの好プレーと1邪で上野が踏ん張り、同点で切り抜けます。
4回裏、先頭の大野がヒットで出て、送って1死2塁。しかし、7番8番を抑え0点で終了。
5,6回と3人で上野が抑え、リズムを作ると、6回裏、先頭の十九浦に四球。5番大野がレフト直撃のタイムリー2ベースで勝ち越し。どうも大野に投げにくそうにしています。6番中倉のバントを3塁封殺。しかしサイン違いでパスボールとなり1死2塁。7番鈴木がライトへタイムリー。ライトもややお手玉。
7回裏、2本ヒットがありましたが、ゲッツーもあり無得点。
8回表、3者連続三振。5回から完璧に上野が抑えます。
8回裏、1死から死球、鈴木のヒットの時に立命館がやや守備が乱れかけますが、その隙にホームを狙ったランナーがアウト。なんとか追加点を防ぎます。
9回表、1死からストレートの四球を出したところで、ピッチャーを内山に交代。内山が内野ゴロを2つ打たせ、しっかり守った東洋大が勝ち決勝に進出しました。


6回ちょっとのミスが立命大に続きます。そこを見逃さないのが東洋の強さですね。この試合は大野選手の活躍、上野投手のすばらしい投球が光りました。さすがプロに指名を受けた選手ですね。
立命館は藤原投手と心中した形です。突如四球に苦しむ場面が多かった。ただ、味方のミスにも大崩れせずに投げたあたりは立派。力は出し切ったと思います。