11月17日に行われました明治神宮大会大学の部、常盤大(関東5連盟第2代表)−立命館大(関西5連盟第1代表)のTV観戦記です。

常盤大
000000000|0
00201010×|4
立命館大

常盤大
西野、柏村、堀川−山田、大橋
立命館大
藤原正−乗替


常盤大の先発西野君は右オーバーハンド。184cmと長身。八千代松蔭高出身の4年生。MAX147k。タテのカーブ、スライダー、フォーク。緩急をうまく使って抑えるピッチャー。決め球はフォークかな。コントロールがややアバウト。
2番手の柏村君は常盤大高校出身の4年生。右オーバーハンド。181cmと長身の右腕です。タテのカーブとヨコのスライダー。MAX139k。ややまっすぐが高く浮いている。緩急をうまく使って打ち取るタイプ。
堀川君は右スリークォーター。東北出身の4年生。ということはダルビッシュと同期ということですね。スライダー、カーブ。MAX136k。うまく打たせてとりました。
立命館大の先発藤原君は県岐阜商出身の3年生サウスポー。プロ注目のピッチャーですよね。181cm77kgとバランスのいい体格。ややヒジをたたんで投げ込みます。ヒジをギリギリまで隠して投げ込むピッチャーですね。ややスリークォーター気味。スライダー、スローカーブ、スクリュー。コントロール良さそう。MAX140k。先頭バッターへの四死球がちょっと多い。


(試合経過)
1回表、2つ三振を奪い、三者凡退。藤原、すばらしい立ち上がり。
1回裏、先頭の藤原大が初球をヒット。2番のところでこれまた初球にスチール。無視2塁の形を作ります。しかし後続を三振と内野ゴロ2つで打ち取り、こちらもまずまずの立ち上がりとなります。
2回裏、先頭5番藤原宏がヒット。6番福田がバントヒットを決め、好走塁で無死1,3塁とします。盗塁もあって、2,3塁となりますが、三者連続空振り三振で抑えます。
3回表も四球を一つ出すも三振3つで無得点。3回までノーヒット、6三振のピッチングです。
3回裏、先頭の藤原大にストレートの四球。間、盗塁を挟んで2番にも四球で1,2塁。3番上内が送って1死2,3塁とし、4番柳田がタイムリー。続く藤原宏がスクイズを決めて立命館が2点先制。
4回表、3番田辺がバントヒットで初安打。しかし、後続が倒れ無得点。
5回表、先頭のストレートの四球から、1死2塁の形を作るも三振、2ゴロで無得点。
5回裏からピッチャー柏村に交代。1死から死球で出塁。ワイルドピッチで一気にランナーが3塁へ進み、ショートゴロでホーム悪送球で3点目。
6回表、今度は先頭へ死球。送りバントとパスボールで1死3塁となりますが、4番比企が浅いライトフライ、5番黒羽がレフトフライでまたも得点出来ず。
7回裏、2死から、2ベースとヒットで1,3塁とし、またもバッテリーエラーでホームイン。もったいない失点を与えます。
結局藤原が1安打11奪三振の圧巻のピッチングで立命館が快勝しました。

これだけのピッチングをして藤原君にしてみれば調子は悪かった、ということです。(昨日買った野球小僧2月号参照)ものすごい球威があるわけではないですが、ほとんどバッティングをさせない辺りは、出どころが見にくいなど、色々な要素があるんでしょうね。プロで勝てるピッチャーかな、と思います。
打線はちょっと相手のミスに助けられた感じでした。もう少し援護してあげてほしいですね。

常盤大はミスが直接点に絡んだのが痛かった。しかし藤原投手をまったく打てなかったので、どうしようもないですね。完敗でした。