11月18日に行われた明治神宮大会高校の部、準決勝第1試合、西条−天理のTV観戦記です。

西条
000300000000|3
001000002001X|4
天理


西条
秋山 徳永、秋山 歐

天理
中山 ⊂妥牒、田渕亜歛臉


西条の秋山君はこの日、MAX139k。重そうな球は変わらず。緩急を上手く使っています。
徳永君はライトのレギュラー。右投げオーバーハンドの2年生ピッチャー。まっすぐ、フォーク。MAX136k

天理の中山君は右オーバーハンド、エースナンバーを背負う2年生ピッチャー。168cmと小柄。まっすぐ、ツーシーム、カーブ、シンカー、スライダー。MAX132k。
沼田君は中京戦で登板したピッチャー。サウスポーの1年生。内外をうまく突きます。
田渕君は右オーバーハンド。2年生。まっすぐ、フォーク、大小2種類のスライダー。MAX138k。コントロールまずまず。

(試合経過)
1回表、1死1塁から鋭いあたりをセカンドの原田がグラブトスでゲッツーに取るファインプレー。
1回裏、1死から内野安打、エンドラン成功、盗塁で2,3塁のチャンスを作りますが、鋭い当たりが正面に行くアンラッキーもあり、無得点。
2回表、先頭の秋山がヒットで出て送るも、後続倒れ無得点。
2回裏、2死、2,3塁まで攻めますが無得点。
3回裏、1死から3番西浦がヒット。4番西川が初球エンドランを決めて1,3塁とチャンス。5番安田がタイムリーで3塁ランナーを返し天理が先制。尚ものピンチは秋山がサードゴロと三振で打ち取ります。
4回表、1死から3番森のヒットと秋山の四球、5番司馬のヒットで満塁。6番徳永のところでワイルドピッチで同点。徳永がタイムリーを放ち逆転。7番日野もタイムリーを放ち3−1とリードを広げます。
4回裏、2死からポテンヒットと内野安打。盗塁もあって1,3塁としますが3番西浦が倒れ0点。ここまで9本ヒットを放ちながら1点どまりとチャンスを活かせず。
5回表からピッチャー交代、沼田。ヒットを1本許しますが、盗塁を刺すなど3人で攻撃終了。その裏初めて三者凡退に秋山が抑え、ようやく落ち着いた展開に。
7回表、先頭バッターのヒットから、送りバント、四球、バントヒットで1死満塁。しかし、1番井下が浅い外野フライ、2番越智がレフトフライで得点出来ず。
8回裏、ここまで3イニング三者凡退と立ち直っていた秋山から久々四球でランナーを出すも得点出来ず。
9回裏、頭からピッチャーを徳永に交代。先頭バッターがエラーで出塁。ヒットが続いて、送りバントをきっちり決めて1死2,3塁。2番原田が2点タイムリー2ベースで天理が同点に追いつきます。敬遠で塁を埋めたところで秋山をマウンド戻す。4番西川セカンドフライ、5番安田がヒット性の当たりでしたがレフトライナーで抑え、延長戦へ。
10回表から田渕がマウンドへ。
10回裏、先頭の徳山がヒット。続く大西がエンドランを決め無死1,2塁。送って1死2,3塁。9番立花がスリーバントスクイズを仕掛けるもファールで三振。1番林も見逃し三振に斬ってサヨナラのピンチを脱出。
11回裏、先頭バッター四球。暴投で2塁へ行き、送って1死3塁のサヨナラのチャンス。4番5番を敬遠して満塁策。6番徳山をサードファールフライ、7番大西を空振り三振で抑え、ここもピンチ脱出。
12回裏も先頭バッターに四球。ちょっと秋山つかれてきている。送りバント、四球で1,2塁。2番原田の当たりをセカンドがファインプレーで2死にするも、3番西村がセンターオーバーのサヨナラタイムリー。天理が決勝進出を決めました。

西条の秋山君は180球の力投。ピンチでの集中力は見事でした。9回にピッチャーを替えなければ・・・。まぁたらればですが。5回以降はしっかり抑えていただけに。ただ、天理の集中力もすばらしかったですね。
天理はエンドラン多用。好投手を崩すお手本のような攻撃を見せました。ただ、後一本が出ず、苦しみました。そんな中ピッチャーがよく踏ん張りました。2番手沼田君、3番手田渕君がランナーを許しながらもバックも含めてよく守ってましたね。