11月17日に行われた明治神宮大会、鵡川−国士舘の一戦のTV観戦記です。

鵡川
320010000|6
000000102|3
国士舘

鵡川
西藤 ∪舒罩−岩谷、森
国士舘
荷川取 高野押⊃谷−原島

西藤君はやや省エネピッチング。まっすぐは120k台が中心。ここぞのところで力を入れる感じに見えます。ピンチでは140kのまっすぐを投げ込んでいます。先頭バッターに四球が多い。抜いたまっすぐが逆に定まっていない印象。
石井君も1回戦に続いての登板。まっすぐとスライダーのコンビネーション。130k台後半のまっすぐで押すもやや浮いた球を捉えられていました。
荷川取君は180cmと割と上背あり。細身のサイドハンド。まっすぐ、スライダー、シュート。シンカー。変化球中心に打たせて取るピッチャー。まっすぐもやや沈む120k台の球。MAX123k。時々コントロールミスあり。
高野投手は2年生サウスポー。182cm68kgと細身の長身。スリークォーター。まっすぐと大きなカーブ。MAX125k。
菅谷君は175cm。サウスポーの2年生。オーバーハンド。MAX133k。まっすぐ中心。カーブとのコンビネーション。

(試合経過)
1回表、先頭の阿部智が初球をいきなり叩いてレフトオーバー2ベース。1死、1,2塁から、4番柳田がタイムリー。また送球間に2,3塁と好走塁。さらに犠牲フライで追加点。6番阿部幸にもタイムリーが出ていきなり3点先制。
2回表、死球と1番阿部智のヒットで1死1,2塁。2番宮本が失投を見逃さず、タイムリー。なおもゲッツー崩れの間に5点目。
2回裏、四球とヒットで1,2塁。送りバント失敗の後死球で満塁となります。ここで国士舘はピッチャーに荷川鳥に替えて代打を送ります。しかし、三振とレフトフライで得点できません。
3回表、1死から内野安打で出たランナーが盗塁と牽制悪送球で3塁に進むも、バッターが三振、サードランナーが飛び出しキャッチャーからの送球でゲッツー。
3回裏、先頭バッターを四球で出てバントヒットを決めて無死1,2塁。しかし、4番から内野フライ、サードゴロ、三振と倒れ得点出来ず。
5回表、2死無走者から5番森、6番阿部幸の連続タイムリー2ベースで鵡川が加点。
5回裏、無死からまた四球で出て、盗塁もあって2塁に進めたが、後続が倒れ得点出来ず。
7回裏、ゲッツーでチャンスを失ったかに見えたが、内野安打、ポテンヒットで再度チャンスを作り、3番福田がタイムリーで1点を返す。尚も四球で満塁になりますが、5番北川がライトフライに倒れ1点どまり。
8回表、替わった菅谷が内野安打1本に抑えます。
9回裏、頭から石井が登板。連打で無死1,2塁。2人倒れた後、4番原島がレフトオーバーの2ベースで2点を返すも反撃はここまで鵡川が逃げ切りました。



鵡川はバントをせずにどんどん盗塁やエンドランを仕掛ける積極的な攻撃が光りました。打球も速く、打線のレベルは高いです。また、ピッチャーの西藤君は、省エネしようとして逆にコントロールが定まっていない感じでしたが、2塁にランナーを置くと、140k前後のまっすぐで押さえ込んでいました。逆に飛ばしていった方がいいのかもしれませんね。
国士舘は何度もチャンスを作りながら、簡単に初球を打ち上げたりと勿体無い攻撃が多かった。もう少し相手の嫌がる攻撃が出来るようになってほしいかな?と思います。ピッチャーはどれだけ丁寧に投げられるかでしょうね。球威はそれほどないだけに。リリーフの2人は左という特徴をいかしてうまく投げていました。