11月16日に行われた明治神宮大会高校の部の光星学院−慶應義塾のTV観戦記です。

光星学院
001000010|2
02200000×|4
慶應義塾

光星学院
下沖 盜唹
慶應義塾
明−植田

慶應の先発は明(みょう)。背番号11番。1年生。右オーバーハンド。エースが腰を痛めて投げられない中で、もう一人の1年生と2人で勝ち抜いたようです。ややひじを押し出す投げ方で上体にやや頼った投げ方に見えます。球は速く140kも記録。まっすぐ、カーブ、2シーム。あんまり伸びる球ではないです。175cmと普通サイズ。
光星の下沖は2年生でエースでキャプテンとちょっとめずらしいですね。178cmとまずまずの体。右のスリークォーター。まっすぐはMAX146k。ややシュートしています。スライダー、シンカーかな?


(試合経過)
2回裏、先頭の4番植田がライトオーバー2ベース。内野ゴロで1死3塁とし、6番荒川の当たりはピッチャーが弾いてショートが逆になり内野ゴロがヒットに。慶應が先制。尚もヒットと好走塁で1死1,3塁から8番明がスクイズを決め2点先制。
3回表、光星はサードのエラーで無死2塁とチャンス。1死後1番多治見がヒット。送球の間に2,3塁と進み、2番榎本のセーフティスクイズで1点を返し2−1。
3回裏、2番石黒の内野安打と送球エラーで1死2塁。3番渡辺の1塁ゴロがベースに当たってバウンドが変わりタイムリー2ベースに。4番植田のショートゴロを1塁手が送球を弾きエラー。1,3塁から5番白村が犠牲フライを上げ4−1。尚もショートのトンネルでピンチを広げるも何とか抑えます。
8回表先頭代打の志村がエラーで出塁。ワイルドピッチと内野安打で1死3塁から内野ゴロの間で1点。
慶應先発の明が3安打完投。慶應が勝ちました。

光星学院の下沖君は5安打。しかし4回以降はノーヒットに慶應を抑えこむナイスピッチング。自責点もほとんどない感じでしたし、選抜が非常に楽しみなピッチャーですね。ショートを中心に慣れない人工芝のせいかエラーが多発。雨の影響もあったと思われますが、やはり一冬での成長を期待したいです。

慶應はそつのない攻め、走塁が印象に残りました。ピッチャーの明君はややボールが高い気がしましたが、丁寧に投げていた印象です。きっちり守っていましたし、試合巧者といったチームですね。夏までのチームとは雰囲気がまた違いますね。