9月27日に長良川球場で行われた岐阜大会の決勝戦、帝京可児−大垣商の観戦記です。
それぞれ、中京と大垣日大という両校を破って決勝に駒を進めた両チーム。その原動力はどこかに注目して観戦いたしました。

帝京可児
00000000000|0 H6 E1
00000000001X|1 H5 E0
大垣商
(延長11回サヨナラ)
帝京可児
西 。隠芦2/3 被安打5 四死球4 三振5 失点1
大垣商
岡安 。隠渦鵝“鎔詑韮供〇融犁紕押〇或僑供ー催寸

帝京可児のエース西君は右のオーバーハンド。なかなかのスピードで、ここぞというところでの外のまっすぐが決まっていました。どっしりした下半身をしています。

大垣商の岡安君は4番ピッチャーの大黒柱。ひじが隠れて出てくるピッチャーで上背もあるサウスポー。いわゆるクロスファイアがいいですね。スピードはそこそこ。

(試合経過)
帝京可児は初回、ヒット、送りバント、ヒットで1死1,3塁のチャンスを作るも4番5番が倒れ先制のチャンスを逃します。
一方大垣商も2死1塁から、4番岡安のヒットと死球で満塁まで攻めるも6番高野が倒れ0点。
3回裏に大垣商は1死からエラーと四球で1,2塁とするも、4番5番が倒れ無得点。
5回表、2本のヒットで1死1,3塁のチャンスを作るも、ここもチャンスを活かせず。
6回表にも帝京可児は2死1,2塁のチャンスも6番曽根の鋭い打球をピッチャーがグラブに当てて勢いを殺してセカンドが追いつくファインプレーに阻まれ得点出来ません。
6回裏に大垣商が2死2塁とした以外はチャンスらしいチャンスすら作れず、9回までどちらも点が取れず。延長に入ります。
10回表、先頭の7番浦川がヒットで出塁し、死球もあって1死1、2塁、2死1、3塁まで行くも得点出来ず。
10回裏、大垣商は初回以来のヒットで2死2塁にするも、得点出来ず。
11回表は三者凡退。
11回裏、先頭の2番小林がヒット。送ったあと、4番岡安にもヒットが出て1死1,3塁。四球で満塁とし、6番高野がライトへ犠牲フライを上げサヨナラ。大垣商が勝ちました。

どちらのエースもすばらしいピッチングで投手戦となりました。終盤くらいではどちらも得点を出来る雰囲気すらなく、どうなることかと思いましたが、大垣商が最後はチャンスを活かしました。
帝京可児は3度の決定機を活かせなかったのが響きました。あと、走塁判断がいまいちなところもありました。こういうクロスゲームではいかにチャンスを活かすかが重要になりますので、東海大会では修正したいところですね。

大垣商はやはり岡安君のセンスが抜けている感じです。いかに周りが彼をサポートできるかが、東海大会での鍵となりそうです。ブラバンチアありの応援でした。久々の甲子園を目指して頑張って欲しいですね。