8月21日に小牧球場で行われた第1試合、尾関学園−一宮工の試合の観戦記です。
ここまで好調に勝ち抜いていた尾関学園に一宮を接戦で降した一宮工がどう食い下がるか、と思っていたのですが、意外な展開に。また尾関学園の余語君に注目したのですが・・・。

尾関学園
00000000|0 H5 E1
11000014X|7 H9 E0
一宮工
(8回コールド)
尾関学園
早川、伊藤―中野
一宮工
土島、山崎―木下


投手成績
尾関学園
早川 。臆鵝。械概紂“鎔詑韮魁〇犁紕押〇或僑院ー催寸
伊藤 5回2/3 82球 被安打6 四死球4 三振1 失点5
一宮工
土島ァ。飢2/3 92球 被安打3 四球5 三振2 失点0
山崎 。臆1/3 43球 被安打0 四球3 三振4 失点0

尾関学園の早川君は右のオーバーハンド。夏の試合でも見ていますがなんか余分な動きの多いピッチャーだな、という感じがしてしまいます。決め球のカーブはなかなか。
伊藤君は右のサイドに近いスリークォーター。アーム式の投げ方。テンポ良く投げ込んできます。
一宮工の先発の土島君は右のオーバーハンド。イメージとしてはかついで投げ下ろす感じのフォームです。スピードはそんなにないですが、なかなか重そうな球を投げます。
山崎君は左のオーバーハンド。本格派のピッチャーで結構速いです。細かいコントロールはなさそうですが、勢いで打ち取るタイプですね。

(試合経過)
1回表、尾関学園は先頭の芳賀がヒットで出塁。送って3番松沢が四球を選んで4番の強打者余語に廻しますが、余語がショート正面に打ってゲッツー。先制のチャンスを逃します。
1回裏、2死3塁から4番小久保がタイムリー。一宮工が先制します。
2回表も満塁までチャンスを作るも得点の出来なかった尾関学園。
一方一宮工は2回裏も1死2塁から9番村橋がタイムリーを放ち2―0。試合を優位に進めます。
3回裏、尾関学園はあっさりエースを諦め伊藤に交代。伊藤は3〜5回をヒット一本に抑える投球を見せます。
4回以外は毎回ランナーを出していた尾関学園。6回表、ヒット2本と四球で2死満塁のチャンスを作ります。ここで一宮工はピッチャーをエース山崎に交代。ここはリリーフが成功。ピンチを抑えます。
7回表も四球3つで1死満塁と尾関学園はチャンスを作りますが、5番長谷川、6番杉浦が連続三振。チャンスを活かせません。
すると7回裏、1死3塁で9番村橋がスリーバントスクイズを決めて貴重な3点目。
8回裏は1死2塁から6番土屋がタイムリー。さらに2死1、2塁から9番村橋がタイムリー。外野のエラーもあってランナーが2、3塁に進み、1番岩下の2点タイムリーが出てコールド成立。一宮工が県大会進出を決めました。


尾関学園は3度の満塁をことごとく生かせず。また、4番の余語君も4打席3打数ノーヒット1敬遠。打たないと、という気持ちばかりが先行していた感じでした。
力的にはほとんど差がないというより、やや尾関のが上な感じなのですが、エースも踏ん張れず、あれよあれよという間にコールド負け。
夏も初戦いい勝ち方をした割に次であっさり負けるなど、やや淡白なのが気になります。県大会ではもう少し粘り強く戦って欲しい。

一宮工は一宮高校を接戦で下しただけのことはあります。ピッチャーはそこそこいいですし、粘り強く戦っていました。きっちりバントを決めるなど、基本に忠実な野球をする印象です。県大会に進出はなかなかないでしょうし、ぜひ県大会でもいい野球を見せて欲しいです。楽しみな学校ですね。