8月19日に小牧球場で行われた第1試合、杏和−尾北の観戦記です。負けると県大会への道が閉ざされる試合。
なかなかの接戦となりました。

杏和
001311000|6
002300101X|7
尾北

杏和
奥村―野田
尾北
蔦木、米田成、荒木―船橋孝


投手成績
杏和
奥村 。顕2/3 被安打8 四球8 三振11 失点7(自責点6)
尾北
蔦木 。寛鵝“鎔詑韮掘〇裕紕魁〇或僑魁ー催寸
米田成亜2/3 被安打2 四球1 三振0 失点1
荒木 4回1/3 被安打3 四球2 三振1 失点1

(試合経過)
1回表、杏和は1死2,3塁のチャンスを作るも0点。尾北は2回に2死からバントヒットでランナーを出すも無得点。
試合が動いたのは3回。2死無走者で四球で出塁した2番の野田が盗塁を決めて2死2塁。3番山田がタイムリーを放ち杏和が先制。
3回裏、1死2塁から1番細貝がタイムリー3ベース。さらにボークで尾北が逆転し2―1
4回表、杏和はすかさず1死3塁から7番小塚がスクイズを決めて同点。さらに四球のランナーを置いて、エンドラン成功で2死1、3塁とし、1番山崎が2点タイムリー3ベース。4―2とします。
4回裏、四球と犠打エラーで無死2、3塁となり、6番船橋健がタイムリーで1点差。さらに1死満塁から9番黒木の2点タイムリー2ベースで逆転。5―4。しかしこの後、1番細貝の四球の際、3塁ランナーが押し出しと勘違いし、タッチアウト。ボーンヘッドでチャンスを逸します。
5回表、尾北はピッチャーを米田成に交代。2死2塁から6番奥村のところでエンドランを仕掛け成功。タイムリーとなり同点。尾北はピッチャーを荒木に交代。ここは踏ん張ります。
6回表、2死3塁から1塁ゴロでピッチャーのベースカバーが遅れ、内野安打となり杏和が勝ち越し。
7回裏、1死3塁で3番大岩がタイムリー。再び尾北が追いつき同点。
8回はお互いに2死満塁まで行くも得点が奪えず。
9回裏、四球のランナーを2塁に置いて5番鈴木がレフトオーバーサヨナラタイムリーで尾北がサヨナラ勝ちをいたしました。


杏和のエース奥村君は左のオーバーハンド。オーソドックスなフォームでまずまずのまっすぐを投げます。コントロールがやや甘い。ランナー居ないときはいいのですが、ランナー出すと安定感がなくなります。先頭を切ったときはいいんですけどね。やっぱり四球をもう少しなくしたいです。
試合は良く粘っていたし、ショートの山崎君を中心に良く守っていました。やはり最後ばてていたとはいえ、四球の多くなった奥村君に粘って欲しかったですね。9回も四球のランナーでしたので。

尾北はエースの蔦木君が変則の右サイドハンドで、球威がない分、緩急で抑えていました。3番手の荒木君が抑えたのが大きかったですね。こちらはサウスポー。4回のボーンヘッドがありながら、最後までよく踏ん張ったと思います。細かいミスは結構ありましたので、また、全尾張などを目指して頑張って欲しいです。