8月13日、津島球場で行われた津島−西春の観戦記です。
尾張地区の新チームの初戦。津島の新チームに注目して観戦しました。

球場入りした時点で2回表が始まったところでしたので、ご了承ください。

津島
000000012|3 
000000001|1
西春


(試合経過)
西春高校のピッチャーはエースの安藤。左のオーバーハンドで、大きな上背を活かしてかなり上からボールを投げます。縦のカーブ、スライダー、まっすぐを駆使して打ち取ります。
津島高校のエースは倉見君。こちらもサウスポー。1年生です。やや小柄でテイクバックが小さく投げ込んできます。スピードはそこそこあります。
津島は2回にヒット2本を放つも走塁死もあり0点。
西春も2回、3回と2死から得点圏にランナーを送るも後が続かず0点。
4回から7回までお互いチャンスらしいチャンスを作れず。
8回表、2死2塁から連続ワイルドピッチで津島が先制。1―0
8回裏、西春も1死2塁にするも3番4番が倒れ0点。
9回表、3番八木の3塁打と死球で無死1、3塁。5番白井の内野ゴロの間に1点。さらにショートエラーの間にも追加点が入り3―0。
9回裏、2死1、2塁から9番安藤がタイムリーも最後、セカンド平野のファインプレーで津島が逃げ切りました。

津島は最後の平野君のファインプレーがなければ追いつかれていました。一か八か飛び込んだグラブにボールが入った感じでしたが、なんにせよすばらしいプレーでした。打線は西春のエース安藤君を捉えられず。ただ、なかなか安藤君がいいピッチャーでしたので仕方ない部分もありますね。新チーム初戦でしたし、勝ったことが大きいです。

西春は安藤君が良かったのと、ショートの尾関君もなかなかいい動きをしていました。まだ県大会にチャンスはあると思うので頑張って欲しいです。