8月6日(第5日目)結果

白鴎大足利(栃木)3-11 清峰(長崎)
東邦(西愛知)15-10 北海(南北海道)
大阪桐蔭(北大阪)- 日田林工(大分)(雨天ノーゲーム)

清峰が強いですね。さすがです。甲子園の勝ち方を知っている感じです。

東邦はらしさ爆発ですね。投手陣はともかく打線は140k後半を記録した鍵谷君をボコボコに。打線はすばらしいですね。次の清峰に勝てるとしたら同じ展開かな。投手陣にも奮起してほしいですが。

第3試合は4−0と序盤大阪桐蔭がリードしながらノーゲームに。実力うんぬんはやはり大阪桐蔭が上なので、これでどうこうはなさそうですが、日田林工にはこの運を活かして欲しいですね。

第6日のカード

第1試合 大阪桐蔭(北大阪)- 日田林工(大分)
第2試合 桐生第一(群馬)- 金沢(石川)
第3試合 広陵(広島)- 高知(高知)
第4試合 浦和学院(南埼玉)- 横浜(南神奈川)

明日は注目カードが多いですね。
再試合の第1試合。
不祥事校、桐生の戦いにも嫌でも注目が集まります。
第3試合は昨年準優勝校の広陵が登場。高知も明徳を差し置いて出場なので当然侮れません。
第4試合は関東の強豪同士。横浜の戦いに注目。

東邦の試合を録画で見ました。

審判の外のゾーンが辛く、これが乱打戦を誘発した原因とも感じました。

あと、北海にまずい守備が多く、これは東邦にとってはラッキーでしたね。

ただ、打線の振りは間違いなく鋭く凄いです。打撃についてはかなり自信を持てたのではないでしょうか?

投手陣は序盤下平君、良かったのですが、途中からつかまりました。やや肩のスタミナがないのかなぁ。まぁ慣れもあるんでしょうが・・・。
和田君は同タイプだけにリリーフは厳しいですね。球威はエースより落ちるし、コントロールも落ちるし・・・。右を一回りでも挟めないのかなぁ。

清峰のピッチャーの2人もなんともならない感じはなさそうなので、先手先手を奪いたいですね。