大府
000100000|1
00100040×|5
高岡商

大府
大野、今村−鶴田
高岡商
福島−田中

大府の大野君は右の長身サイドハンド。ちょっとコントロールは序盤ばらついているが、球自体は悪くない。外に流れるシュート気味のまっすぐがすばらしい。
今村君はMAX144kを記録。ただ、コントロールは荒れ荒れで、安定感はない。
高岡商の福島君はサウスポー。スピードはそんなにないです。緩急を付けて、打たせて取るP。

初回はお互い2死からヒットを放つも0点。
2回裏、無死2塁のピンチも大野は2者連続三振と内野ゴロでピンチを抑える。
3回裏は、先頭にヒットを許し、2死3塁からタイムリーで高岡商先制。
すかさず4回表、ヒットと死球のランナーを送りバントで送り、犠牲フライで同点に追いつきます。
5回表大府は先頭が2ベースを打ちながら、これぞチグハグの見本のような攻撃(送りバント失敗→ヒット→ゲッツー)で無得点。
5回裏も先頭にヒットを許すも踏ん張って無得点。
7回表、2死から大野が長打を放つも3塁タッチアウト。
7回裏2死から、連打で1,2塁。ここで2番阿部にタイムリースリーベースが出て高岡商が2点勝ち越し。3番野村にもタイムリーが出て4点目。さらに連打が続きこの回6連打で4点を奪います。
8回裏、今村に交代。1死2,3塁のピンチをなんとか踏ん張ります。
9回表、高岡商はファインプレーが2つ出て守り勝ちました。

大府は予想通り打てませんでした。拙攻も響きましたし・・・。良く守ってはいたのですが。
高岡商の守備はほんとにすばらしい。ピッチャーは球威がないので、どこまで打撃上位のチームに通用するかは分かりませんが、守備だけは甲子園で戦えるレベルです。すばらしい。打撃もピッチャー返しを徹底していて、いいチームだと思います。慶応にも健闘してほしいですね。