西愛知大会結果

準々決勝
中京大中京 4-0 享栄
愛知 8-7 栄徳
愛知啓成 2-1 大同工大大同
東邦 8-1 愛工大名電 (7回コールド)

中京大中京が快勝。享栄は先手を取られたのが響きました。

愛知はまた観戦記を書きますが、9回1アウトランナーなしからの大逆転劇でした。ちょっと神懸かってきています。甲子園に出たときの弥富がこんな雰囲気でした。

愛知啓成は最後詰め寄られながらも逃げ切り。ベスト8の壁を突破。

東邦は名電に快勝。こちらも観戦記を上げますが、内容は名電の自滅が大きかった。

東愛知大会結果

準々決勝
岡崎城西 2-0 豊橋南
刈谷 2-1 豊田大谷
成章 2-1 杜若 (9回サヨナラ)
大府 3-2 岡崎商

岡崎城西は投手戦を制しました。

刈谷が豊田大谷を破る番狂わせ。競った試合をしていない大谷の脆さがここで出たかな、という印象。

成章は杜若にサヨナラ勝ち。小川が完投。さすがですね。

大府は岡崎商に競り勝ちました。

準決勝
西愛知
熱田球場
|羌大中京−愛知啓成
愛知−東邦

東愛知
岡崎球場
_崎城西−成章
刈谷−大府

西愛知は中京と啓成で春の決勝戦の再戦となります。この時は中京が勝ちましたが、東海大会では啓成が準優勝と上回りました。力は五分五分と思います。走塁にそつが無い分中京がやや有利かと思います。啓成は小出君の出来次第かと。

愛知と東邦は東邦が有利。名電を破って勢いにのっています。ただ、愛知はこの3試合を苦しみながらもミラクルを起こして勝ってきました。打線は五分。投手陣の頑張りで得意の接戦に持ち込みたい。

東愛知の第1試合は成章が有利。ただ、岡崎城西も競り合いをことごとく制して勝ち上がってきました。地力は成章が上ですが、油断は出来ません。
第2試合はここまで強豪を倒した刈谷と2枚看板をフルに生かして勝ち上がった大府。チームカラーは似ています。大府のが力は上ですが、大府もそんなに打力がない分競り合いになると思われます。そうなると、経験では刈谷が優位に。面白い対戦です。

愛知と刈谷がミラクルを起こしています。両チームがどうなるか、注目ですね。