7月22日に小牧球場で行われた準々決勝の第2試合。愛工大名電−東邦の私学4強同士の対戦です。
接戦になるかと思ったのですが、予想以上の大差となりました。

愛工大名電
0001000|1 H4 E3
0402002|8 H12 E2
東邦
(7回コールド)
名電
斎木、久野―岩田、谷本
東邦
下平―山田


投手成績
愛工大名電
斎木─。寛鵝。沓控紂“鎔詑韮后〇裕紕押〇或僑院ー催寸供兵責点0)
久野 2回1/3 51球 被安打3 四死球3 三振2 失点2
東邦
下平 。群鵝。隠娃亀紂“鎔詑韮粥〇融犁紕魁〇或僑粥ー催寸

(試合経過)
名電は初回、1〜3番がバントをしますがファールなどで決まらず。3番斎木に内野安打が出たものの0点。東邦は初回、ヒットと四球でランナー2人出すものの0点。
2回裏、東邦は先頭から橋本古市が連続ヒット。バント失敗があり、チャンスを失いかけるも、エラーで繋がり2死満塁。2番小宅3番清水が連続タイムリーを放ち、3点を先制。さらに内野安打を挟んで満塁から5番岩田が四球を選んで押し出し。この回打者1巡で4点を上げます。
名電は3回、先頭バッターを四球で出しながら、送りバントすら決められず。
しかし3回裏、東邦の攻撃を3人で退けると、4回表、2死2塁で6番林がタイムリーを放ち1点を返します。
しかし4回裏、2死ランナーなしからエラーで出塁したランナーを盗塁で2塁に進め、4番野々川がタイムリー。5番岩田にもタイムリー2ベースが出て東邦が突き放します。
5回表、四死球とエラーで満塁にするも、後1本が出ず無得点の名電。5回裏、頭からピッチャーを久野に交替します。
6回、7回と名電はエラーや振り逃げと相手のミスでランナーを出すも付け込めず。
東邦も5回6回は3人ずつで終わっていましたが、7回裏、1死1塁から橋本の打席でエンドラン。これが2ベースとなり長駆ホームイン。1死3塁から警戒しながら満塁策を取りますが、最後は押し出し死球でコールド成立。東邦が勝ちました。

この日は一言で言えば、名電の自滅。バントを警戒されているのに、バントを仕掛けて失敗。セーフティを仕掛けてはアウトを謙譲。送りバントすら決められない。東邦を楽にする攻撃しかしませんでした。
象徴的だったのは4回。先頭の斎木がヒット。4点負けている場面で4番の渡部にバントをさせて失敗。最後は三振。結局この後5番の貝本にも送らせ、林のタイムリーが出たので1点は返せましたが、7番四宮にもヒットが出たが、8番岩田にもセーフティバントをさせてアウト。1点で終わってしまいます。
確かに先頭が出てここで打たせてゲッツーとなると、点を取られた直後だけに流れは最悪になります。ただ、なんのための4番なんでしょう。しかも渡部君はスラッガー。このバントが決まっていたとしても東邦はラッキー、と思ったと思います。
相手に警戒されてのバントは無意味です。
また、先発を公式戦で先発したことがない斎木君にしたのも分かりません。東邦が左が7人並ぶ打線で左をぶつけるのは分かります。でもそれじゃあエースの後藤君の立場は?調子が悪かったのかもしれませんが、同じ賭けなら、エースで行くべきだったのでは、と思います。
名電は2年生ピッチャーの久野君、余語君が残りますし、素質のある選手は大勢いるはずです。それを活かす野球をしてほしいですね。俊足を活かすのはバントだけじゃないでしょう。

東邦はぶっちゃけバントのミスもあったし、大量点を取ったものの相手のミスがなかったら分からなかったところもありました。下平君が名電相手でも落ち着いて立ち上がり、抑えたことは良かったと思います。またバントは徹底的に封じたのは良かったですね。この試合をコールドで終えたことが、優勝につながったと思います。