7月13日に小牧球場で行われた第2試合、名古屋高校−東邦高校の2回戦の観戦記です。シード校東邦は現チームを一度も見たことがなかったので、どんなチームなのか、また、名古屋高校がどこまで食い下がれるかに注目して観戦しました。

名古屋
0000001|1 H4 E1
401012×|8 H10 E1
東邦
(7回コールド)
名古屋
蒔野―松本
東邦
和田、下平―山田


投手成績
名古屋
蒔野 。恐鵝。隠横教紂“鎔詑韮隠亜〇融犁紕検〇或僑粥ー催寸検兵責点7)
東邦
和田 5回 70球 被安打3 四球0 三振4 失点0
下平 。臆鵝。横卦紂“鎔詑韮院〇裕紕院〇或僑院ー催寸

東邦の2投手はいずれもサウスポー。よくまとまっている印象です。怖さも感じませんが・・・。

(試合経過)
1回裏、1死からヒットと四球2つで満塁。ここで5番岩田の当たりを1塁手がエラー。2人返って2点先制。なおも6番橋本が2点タイムリーを放ち4―0とします。
名古屋も2回、3回と1本ずつヒットは放ちますが、得点は奪えず。
3回裏、東邦5番岩田が弾丸ライナーで右中間スタンドへ運びソロホームラン。5―0
5回裏、2つの四死球のランナー、2死1、2塁から、1番山田がタイムリーを放ち6ー0。
6回表頭から東邦はピッチャー交替、エースナンバーの下平。下平は替わった6回は3人で抑えます。
6回裏、四球、ヒットなどで1死満塁とし、7番古市が2点タイムリー。8―0。しかし、尚も1死満塁で一打コールドの場面でゲッツー。この回でのコールド勝ちはお預けとなります。
7回表、名古屋はヒットや相手のエラーなどで、初のビッグチャンス無死満塁を作ります。しかしここで犠牲フライが出て1点は返しましたが、後が続かず。東邦が7回コールドで勝ちました。


名古屋高校は、ちょっと最初から東邦相手ということで、ちょっと飲まれた感じがありました。ピッチャーも打たれる以前に四死球が多すぎたし・・・。ところどころでいいプレーもあったのですが、ちょっと残念でした。

東邦は、コールドで勝ったものの、少々物足りない内容。相手の自滅がなかったら、もう少しもつれた感じもありますし、ここで一気に、というところで畳み込めない場面がありました。初戦ということで割り引く必要もあるかと思いますが・・・。
ピッチャーもまとまっていますが、完全に押さえ込む力はないと思いますし、打線がどこまでカバーしながら戦っていけるかになると思います。くじ運には恵まれたと思いますので、ベスト8までにどこまで調子を上げられるかがポイントかなぁと思います。