7月13日に小牧球場で行われた津島北−名古屋国際の2回戦の観戦記です。
球場に着いたのが2回裏、名古屋国際の攻撃中からですので、津島北の先制点などは分かりません。そこはご容赦ください。

津島北
013000001|5
002000001|3
名古屋国際

津島北
伊佐地―津野
名古屋国際
寺村―佐藤


(試合経過)
球場に着いた時に2回裏、無死1塁で、津島北エースの伊佐地がワイルドピッチで2塁にランナーを進めた場面からでした。しかしここから伊佐地は三者連続三振でピンチを脱します。
3回表、ヒット、エラー、四球で1死満塁とし、3番伊佐地がショートへ強いゴロ。うまく捕球するもゲッツーを狙って2塁はアウトも1塁への転送が1バウンド。はじく間に2塁ランナーも好走塁で生還。なおも盗塁を挟んで、4番後藤の当たりをショートがエラー。この回3つのエラーで津島北は3点を上げます。4―0。
3回裏、先頭の鬼頭の当たりは珍しいライトゴロ。その後、ヒットと2ベースで1死2、3塁としショートが3塁へ送球したがこれが逸れてエラー。2人返って4―2。
その後津島北は4,5,6回と得点圏にランナーを送るもあと一本が出ません。
一方名古屋国際は4回以降チャンスらしいチャンスを作れません。4回〜8回はヒット1本に抑え込まれます。
9回表、1死2塁から貴重な追加点を伊佐地自らタイムリー2ベースであげます。5―2。
9回裏、連続ヒットで無死1、3塁からワイルドピッチで1点失うも後続を絶ち、津島北が5―3で逃げ切りました。


名古屋国際は防戦一方の展開ながらなんとか踏ん張っていました。それだけに3回にミス3連発が効いちゃった形ですが・・・。伊佐地君を最後まで捉えられませんでした。最後意地を見せた4番のキャッチャー佐藤君は2年生。新チームでは中心になると思いますので頑張って欲しいですね。

津島北はなんといっても伊佐地君の出来に注目していました。春の享栄戦での大敗からどこまで立て直しているか、でしたが、久しぶりに彼らしい、キレのあるまっすぐとスライダーが見られたと思います。フィールディングもさすがです。最後の方はちょっと疲れからか球威が落ちていたのは気になりますが・・・。
次の啓成戦。間隔が開くのは彼にとっては良かったと思います。津島北はなんと言っても伊佐地君次第のチーム。周りはどれだけ彼をサポートできるかが勝敗の鍵となります。

津島北は伊佐地君が1年生の秋に初めて見ました。その時はスタンドの父兄も少なく、スタンドの部員も3人ほどでした。それが、この日はスタンドもたくさんつめかけ、部員も20人ほどがスタンドで応援。ぶっちゃけ伊佐地君がここまで持ってきたんだよなぁ、と思うとちょっと感動しました。次の試合はみれませんが、好ゲームを期待したいです。