5日
1回戦
三好 10-0 衣台 (7回コールド)
豊田西 7-3 豊橋工
岡崎北 7-5 碧南工
蒲郡 8-2 豊野
知立東 4-2 幸田
刈谷北 16-8 安城学園 (7回コールド)
桜丘 6-0 横須賀
福江 10-0 半田農 (5回コールド)
時習館 16-0 一色 (5回コールド)
碧南 8-2 常滑
豊田 10-1 岡崎西
鶴城丘 5-2 豊橋西
知多翔洋 6-0 加茂丘
豊田高専 8-4 阿久比

6日
2回戦
大府東 7-0 三谷水産 (7回コールド)
東海南 5-1 愛産大三河
猿投農林 8-7 豊橋商
岡崎城西 7-5 豊橋東
豊川 5-3 西尾東
安城東 6-2 半田商
吉良 7-6 安城農林
武豊 7-3 国府
1回戦
渥美農 15-0 黄柳野 (5回コールド)
豊田工 1-0 半田東
岡崎東 5-4 西尾
新城 4-3 豊丘
岡崎工 6-4 岩津
東海商 6-4 安城

5日は安城学園が敗れる波乱。序盤の失点から波に乗れなかった模様です。一旦流れを失うと夏は分からないですよね。
屈指の好カード、桜丘−横須賀は桜丘に軍配。調子を落としていた中川君でしたが、きっちり夏に合わせてきたみたいですね。これで桜丘も一躍優勝候補の一角に躍り出てきました。
豊田西は勝ったもののピリッとせず。やっぱり今年は力がない?

6日は最大の波乱は愛産大三河の敗退。こちらもベスト8に推したのですが・・・。
ただ、東海南は知多では強い学校ですし、侮れないとは思っていました。それでも地力では上かと思ったんですがね。
豊川は苦しみながらも初戦突破。西尾東は毎年そこそこ強いですから、勝ってよかったといったところか。
しかし、東愛知大会は接戦が多いですね。力が拮抗している証拠ですね。ほんとにどこが勝ち進むか分からない大会になりそうです。