愛知
100200000|3 H8 E2
001000000|1 H8 E0
小牧南

愛知
伊藤啓―中島
小牧南
竹巻―桑原


投手成績
愛知
伊藤啓 9回 138球 被安打8 四死球4 三振8 失点1(自責点0)
小牧南
竹巻 。慌鵝。隠横概紂“鎔詑韮検〇融犁紕供〇或僑押ー催寸魁兵責点3)

伊藤啓君は右オーバーハンド。球威はあります。こまかいコントロールはないタイプ。毎回ランナーを出しながらも粘り強く投げていました。変化球もキレがある球も投げます。ただ、安定感がないのが気になります。フィールディングは良かった。

竹巻君は右オーバーハンド。球威はぼちぼち。丁寧に投げていて、まとまっていていいピッチャーでした。4回に長打を浴びましたが、5回以降は内野安打2本に抑えたのは立派でした。

(試合経過)
1回表2死3塁で5番玉木タイムリーで愛知先制。
3回裏、2死満塁から押し出しで同点1―1、なおも2死満塁は三振で踏ん張る。
4回表2死から7番伊藤啓が3ベース。8番中島の2ランで勝ち越し。
5回、6回と小牧南はランナーを出すも好フィールディングで、バントを防ぐ。
7回裏、2死2,3塁で、4番倉尾がライトへいい当たりも正面。無得点。
結局愛知が逃げ切って勝利。

愛知は打線の柱、室田君が欠場。どうやら故障の模様。痛いですね。打線にはやや迫力に欠けた印象です。走塁も強豪と比べると甘い。守備も外野の動きがやや不満。
ちょっと厳しく見すぎかもしれませんが、目標が甲子園というのであれば・・・。
伊藤啓君も1失点で踏ん張ったのはいいのですが、もう少し無駄球を減らしたい。なんとなくエースナンバーを奪えない理由が分かる気がしました。

小牧南はすばらしかった。特に驚いたのはショートを守っていた森君。ヒット2本もそうですが、足が速いし、守備も好守備を連発。普通の公立校のセンスじゃなかった。またバントも失敗もありましたが、上手に決めている場面も多かった。内野は森君の動きが目立っていましたが、他の選手もノーエラー。確実にプレーしていて好感が持てました。尾張大会で最後に滑り込みましたが、津島、丹羽といった県大会常連校を破って出たのは伊達ではないところを見せてくれました。また見たい好チームです。バッテリーも良かったです。

愛知は次、東邦と。ピッチャーの踏ん張り次第でしょうね。しっかり守ってリズムを作りたいですね。