安房
120000000|3
000000013X|4
宇治山田商

宇治山田商からしてみれば、決して褒められない試合でした。いきなり立ち上がりで失点するエース。工夫のない打線。自ら墓穴を掘る監督。ミスの多い守備。
また、1試合行っているものと初戦のものとの差も感じる試合でした。

ようやく終盤7回くらいから打線がセンター中心の打撃が出来るようになり、また相手ピッチャーの疲れに乗じて最後はサヨナラとなりました。最後のプレーも紙一重でしたが・・・。ぶっちゃけ走者は暴走ですけどね。

平生君は相変わらずハートの弱さが垣間見える感じでした。スピードは153kを掲示してましたけどね。ただ、スピードガンも怪しいけど。

安房ももう少し守れたら、というところでした。ただ、21世紀枠で健闘と言って良いでしょうね。7回までは安房の完全なペースでしたし。

最後、同点打のところで、もう一つボールでもいいところに投げれれば・・・。

宇治山田商は次は智弁和歌山ですね。平生がどこまで自信を持って投げられるか。悲願の1勝で満足せず、次に臨んでほしいですね。