春田剛選手から本日「一身上の都合」により任意引退の申し出があり、球団も了承し公示の手続きを取りました。(公式HPより)

今日の中日スポーツを見てみないと詳細が分かりませんが、1年目にファームのチーム本塁打王となり、非凡な才能を見せていた春田選手が現役を引退とのこと。

うーんなにがあったのか分かりませんが、残念の一言です。今年はバッティングに精彩を欠いていたのは事実ですが・・・。これで平田が日本シリーズで活躍した一方で、高卒同期が2人目の離脱。高江州ともども頑張ってほしいなぁ。

春田君もまだまだこれから長い人生があるので、頑張ってほしい。

(追記)
中日の2年目春田剛外野手(20)が25日、任意引退選手として公示された。腰痛のために競技生活を断念して22日に球団に申し出てこの日、球団が公示手続きをとった。春田は05年の高校生ドラフト3巡目で水戸短大付から入団。落合監督から一塁挑戦も指令されるなど期待されていたが、2年間で1軍出場はなかった。春田は「病院で腰痛がひどくなると下半身不随になるおそれがあると言われました。(今後の)復帰は考えていません」と話した。(日刊スポーツより)

腰痛ですか。まぁ公式発表を信じるしかないのですが。ならそうやって発表すればいいよなぁ。うーん。中日スポーツですら、一身上の都合のみでしたしね。

なんにせよ、まだ20歳。頑張ってね。