あさのあつこさん原作の「バッテリー」が今度はTVドラマ化されるという記事が出ていました。

岡山県の小都市を舞台に野球で心を通わせる中学生の姿を描いた、あさのあつこさんのベストセラー小説「バッテリー」が、NHKの連続ドラマになり、来年4月から放送される。NHKが12日、発表した。ラジオドラマ、コミック、映画化と相次ぎ、テレビドラマ化によってさらに幅広い年代から注目を集めそうだ。同県内でもロケを予定している。
主人公の天才少年投手原田巧は、ドラマ初出演となる関西ジャニーズJr.のメンバー中山優馬さん(13)が演じる。

まだ、巧役以外は未定とのこと。映画版の主人公や豪がまさに適役だっただけに、人選が注目されますね。この中山君は、野球をやっているということで、ジャニーズだから選んだだけではなさそう。

映画では詰め込んだために描ききれなかった部分を、うまく描いてほしいですね。楽しみです。