9月17日に小牧球場で行われた第1試合、津島北−中部大第一の観戦記です。
注目は、津島北のエース伊佐地君VS中部大第一打線でした。

ランニングスコア

津島北
000000010|1 H6 E1
00110010×|3 H10 E1
中部大第一

津島北
伊佐地 。顕鵝。隠娃控紂“鎔詑韮隠亜〇裕紕院〇或僑掘ー催寸

中部大第一
岡田 。慌鵝。隠隠乙紂“鎔詑韮供〇融犁紕押〇或僑供ー催寸

津島北の伊佐地君は、右のオーバーハンド。昨年秋ベスト8の立役者。この日は調子自体は普通でしたが、時々浮いた球を長打された印象です。ただ、フィールディングが良く、牽制で刺すのも2度。相変わらず野球センスは抜群です。

中部大第一の岡田君も右オーバーハンド。まっすぐはまずまず。基本的には低めに集めて打たせてとるピッチングが持ち味だと思います。ピンチでは丁寧に外を投げて抑えていました。

試合経過(敬称略)

1回表、津島北は2死から、伊佐地、後藤の連続ヒットでランナーを出すも、5番服部が倒れ無得点。

その裏、中部第一も先頭がヒットで出塁。2番神谷のバントはP正面でしたが、ショートが落球。無死1,2塁となります。しかし3番のバントも伊佐地は好フィールディングでアウト。後続も打ち取り、初回を0点で切り抜けます。

2回はお互いにランナーを1人出しますが0点。

3回表、1死から2番谷口が左中間突破の3ベース。ここで伊佐地が打席の大チャンスでしたが、いい当たりもセカンド正面のゴロ。4番5番が連続四死球でなおも満塁までいきましたが、6番森がセカンドライナーに倒れ先制のチャンスを逃します。

その裏、先頭の9番八代が2ベース。2死まで打ち取るも、3番高瀬にレフトの頭を越える2ベースで先制します。

4回裏にも2死2塁から、7番深澤がまっすぐを叩いて、ライトの左を抜くタイムリー3ベース。後続は切ったものの、2点リードとなります。

津島北は4−7回がエラーのランナーもあったものの3人ずつでノーヒット。

しかし、伊佐地も牽制で刺したり(3回)、スクイズをはずしたり(5回)粘投を見せます。

7回裏、2死2塁でここまで2の2だった八代にファールで粘られ、8球目をセンターに運ばれ、駄目押しに近い3点目。つづく1番林にもヒットを浴びながら、牽制で切り抜けるあたりは、伊佐地の真骨頂かもしれません。

8回表、久々に出たヒットのランナーを1塁において、4番後藤がライト線に落ちるタイムリー3ベースでようやく反撃。しかし、後続が続けず1点どまり。

9回も3人で反撃できず、中部大第一が逃げ切りました。

津島北は、去年の実績がなければ、大健闘といっていい内容。ただ、まったく打てないわけではなかったですし、先制出来ていれば・・・。伊佐地君次第のチームというのが大きすぎます。昨年は、キャッチャーの上田君ほかサポートする選手がいましたが、今年は後藤君くらいですかね。地区予選見てても、安定感がなかったし。大黒柱が太すぎるチームの弊害なんでしょうね。それでも、伊佐治君も夏ベスト4のチーム相手に良く投げたと思います。井口君とのコンビで2度刺した牽制は見事でした。

中部大第一は、結構夏のメンバーが残っていて、なかなかいいチームでした。特に2遊間の動きは一見の価値があると思います。またここぞの長打はさすがです。ただ、ランナー出てからのミスがこの日は目立ちました。伊佐地君がうまかったとはいえ、少し気をつけてほしい。あと、キャッチャーの八代君。肩はまぁまぁなんですが、キャッチャー投げじゃないんですよね。まだ日が浅いのかな?
ピッチャーの岡田君がバックを信じて投げていけば、この先も楽しみですね。