9月15日に小牧球場で行われた豊橋中央−愛知啓成の観戦記です。

このところ力を付けてきている豊橋中央高校。夏メンバーをたくさん残し、上位候補にも上げられている愛知啓成との注目の1戦は、終盤までもつれる接戦となりました。

ランニングスコア

豊橋中央
000100020|3 H6 E0
10000005×|6 H12 E0
愛知啓成

豊橋中央
白井 。顕鵝。隠横控紂“鎔詑韮隠押〇裕紕魁〇或僑供ー催寸供)重蝪

愛知啓成
村瀬 。顕鵝。牽亀紂“鎔詑韮機〇犁紕院〇或僑粥ー催寸魁兵責点2)
小出 1回 10球 被安打1 四球0 三振2 失点0

豊橋中央の白井君は右のオーバーハンドの力投型。コントロールはあれているが、上手にそれを利用していました。外のボール気味のストライクを有効利用して好投しました。

愛知啓成の村瀬君は右のスリークォーター。ちょっとボールをまとめすぎにも感じましたが、コントロール良く低めに集めて打たせて取っていました。安定感はあります。
小出君は左のオーバーハンド。まっすぐ、スライダー、ともにキレがありました。

試合経過(敬称略)
1回表、3者凡退で立ち上がった村瀬。
その裏啓成は、2死2塁から、4番増川が、ライトへうまくおっつけてタイムリー。幸先よく先制します。

しかし、2,3回は、広いストライクゾーンに苦しみ、3人ずつ。重い展開になっていきます。

3回までヒット1本無得点で立ち上がった啓成村瀬でしたが、4回、先頭の水口に2ベース。2死は取るものの、ライトの目測誤り気味の2ベースを浴びて、同点にされてしまいます。5番にもヒットを打たれましたが、後続は断ち同点で食い止めます。

啓成はその裏、1死2,3塁のチャンスを作るも、6,7番が倒れ無得点。

その後も5,6,7回と回の先頭をいずれも出すも後続が打てず、嫌な展開に。

すると、5,6,7回と3人ずつで打ち取っていた村瀬が、8回、先頭の伊藤に2ベース。送って、1死3塁のピンチを背負います。ここで9番斉藤のあたりはショートゴロ。サードランナーが挟まれて、ピンチ脱出と思いきや、ランダンプレーのミス(基本は前の塁に追い込むのが、逆)でホームインを許し勝ち越し。しかも打者走者も3塁に到達する最悪の形となります。ここで、スクイズも決められ3点目。ミスで2点を勝ち越されてしまいます。

しかし、啓成はこれで目が覚めたか、先頭の松本が絶妙のバントヒット。森田も続き、増川の四球で満塁。ここで、5番林が、これまでのミスを取り返す、ライト左を抜くタイムリー3ベースで逆転。2死後、代打松山、9番阿部にもタイムリーが生まれ、逆に3点差を付けゲームをひっくりかえします。

9回表は、小出が1本内野安打を許すも、2三振。啓成が辛くも逆転で2回戦にコマを進めたゲームでした。

愛知啓成は勝ったものの、褒められない内容。たしかに、審判のゾーンがかなり広く、その分打線は苦労しましたが、問題はミスがでた守り。完全に負けゲームの流れでした。打線も8回の集中打は見事だったものの、もう少し早く出せていればもっと楽でした。
残念ながら、今日、桜丘に負けてしまったようです。試合内容が分からないので、なんともいえませんが、1点差。うーん。力はあるだけに、もったいない感じがします。
甲子園に出たチームは、4番だろうが、1死からでもバントをして2塁に進める、固い野球でしたが、現チームは送らないなど、新しい面も見られました。走塁面をもう少し磨いて、来年の夏を目指して、がんばってほしいです。

豊橋中央は初めて見ましたが、ノックとか見ていて、そんなに強い感じはしませんでした。ただ、守備位置など、1点を無理して守りにいかないなど、合理的な野球をやる印象です。走塁もきちっとやっていましたし、なかなかいいチームでした。また見てみたいですね。