8月24日に津島球場で行われました、愛知啓成−木曽川の敗者復活戦です。勝ったほうが県大会進出となる大事なゲーム。啓成が投打に圧倒しました。

ランニングスコア

愛知啓成
3201004|10 H14 E1
0000000|0 H4 E2
木曽川

愛知啓成
村瀬 。群鵝。牽圧紂“鎔詑韮粥〇裕紕亜〇或僑機ー催寸

木曽川
不断 。群鵝。隠娃乙紂“鎔詑韮隠粥〇融犁紕機ー催寸隠亜兵責点9)

村瀬君はこの日はやや抑えながら、コントロール重視の投球に見えました。それでも落ち着いて丁寧に打ち取っていましたし、安定感が抜群です。県大会でも楽しみです。フィールディングはまだまだ磨けると思います。

不断君は、まとまっているのですが、そのまとまりがアダになったかもしれません。球威がないだけに、啓成クラスには捉えられてしまう感じでした。ファーストストライクを打たれるケースが目立つだけに、初球の入り方に気をつけたいですね。

試合経過(敬称略)

木曽川は先頭バッターが内野安打で出るも、盗塁失敗もあり、3人で攻撃終了。

その裏、啓成は1番の岡田のヒットをきっかけに、1,2塁とし、4番増川が打った瞬間にホームランと分かる一発で3点先制。そこからさらに3連打でチャンスを作るも、8番村瀬の当たりは1塁正面。3−3−2のゲッツーで3点どまりとなります。

2回裏には、先頭の志水が、レフトオーバーのソロホームラン。なおもエラーのランナーを盗塁と暴投で3塁に進み、3番森田のボテボテのピッチャーゴロをもたつき1塁セーフで5点目を取ります。

4回裏にも増川のタイムリー2ベースで得点を奪い、6−0とリードします。

木曽川も2,3,5回にランナーを1人ずつ出すも、0点。

7回に志水が、2死2塁からタイムリーを放ち7点目。そこから3連打で3点を奪い、勝負を決めました。

7回裏、不断が意地の3ベースを放つも、アウトは全部三振。啓成が圧勝で県大会に駒を進めました。

啓成はチャンスでの打撃にまだ課題はあるものの、この日はまだつながりました。心配なのは、森田君の不調。最後にタイムリーが出ましたのでこれをきっかけにしてほしい。村瀬君は安定していますし、投手力は心配ない。接戦で負けない精神力を身につけて、県大会もがんばってほしい。

木曽川は2試合見ましたが、弥富には食らいつけたのに、啓成には完敗でした。エースが打たれたあとにがんばれなかったのが・・・。最後の不断君のバッティングには意地を感じました。全尾張がありますのでまたがんばってほしい。