中日3−2阪神

川上が(珍しく)すばらしいピッチング。ただ、良かったのに、金本に一発を喰らうあたりが、川上がエース“様”たる所以なんですが・・・。

打線も初回から何度もあったチャンスを活かせず苦しみながらも、ウッズの一発で先制。昨日と同じ形でノリが犠牲フライ。3点をなんとか取る、精一杯の攻撃。

クライマックスは8回裏、岡本の背信(球審のアシスト付き)と荒木のボーンヘッドを救ったアッキー。すばらしいまっすぐでした。ついに覚醒?そう思わせる投球でした。今年のこれまでの分を帳消しにするピッチングでした。これからも頼むよぅ。

しかし、この状態で首位と言われてもなんの冗談かと思っちゃいますが、とにかく1つ1つ確実に行きましょう。