常葉菊川9―2静岡商

春夏連覇の夢をのせ、常葉菊川が決勝戦も逆転で制しました。
6回まで菊川打線を抑えこんだ静岡商の大野君でしたが、7回、ダブルスチールから崩されました。
序盤少ないチャンスをものにして、主導権を握りましたが、後半に異常な勝負強さを発揮している常葉菊川の圧力に屈しました。

一挙7点は守備の乱れもありましたが、いい試合でした。静岡商も甲子園で見たかったなあ。