27日に豊橋市民球場で行われた5回戦第2試合、豊川−愛知の観戦記です。
豊川の地元ですが、成章に比べると、観客が大分少なくなっていました。やはり地元での人気というのは成章のが高いということなんですね。

ランニングスコア

豊川
000041010|6  H9 E3
09000201×|12 H9 E1
愛知

豊川
前川 。渦2/3 66球 被安打4 四死球7 三振2 失点9(自責点8)
西村 6回1/3 87球 被安打5 四球2 三振1 失点3

愛知
奥村 。恐鵝。坑概紂“鎔詑韮供〇裕紕押〇或僑院ー催寸機兵責点4)
北川 3回 58球 被安打3 四球1 三振2 失点1

前川君は上背のある左のオーバーハンド。なかなかスピードのあるまっすぐとうわさのナックルカーブを投げていました。序盤からストライクとボールがはっきりしていて、際どいコントロールがこの日はまったく出来ませんでした。

西村君は右のスリークォーター。1年生なんですが、まっすぐもなかなか速く、コントロールもなかなか良くて、安定感のありそうなピッチャー。秋以降が非常に楽しみなピッチャーですね。

愛知の奥村君は左のオーバーハンド。腕が遅れて出てくるのが特徴ですね。この日はあまりボールが走っていない感じで、狭いゾーンにも苦しみ、本来の投球とは程遠い内容。序盤はそれでもうまく打ち取っていたが、疲れの出始めた中盤につかまりました。
北川君は左のサイドハンド。こちらはコントロールが良く、スローカーブを使って緩急でうまく打ち取っていました。ナイスリリーフでした。

試合経過(敬称略)

1回表、豊川は3者凡退。
その裏、愛知は死球とエラーで1,2塁のチャンスを作るも、バント失敗などで2死。5番大石がセンターへヒットを放つも、センターの仁枝からストライク返球でタッチアウト。先制出来ません。

2回裏、四球2つにエラーを挟み満塁。9番服部にもコントロールが定まらず押し出しで先制を許すと、1番鈴木に2点タイムリー2ベース、2番成田にタイムリー、室田に犠牲フライで5点と失います。
さらに、四球、ヒット、押し出し四球(6点)、三振、押し出し四球(7点)ときて前川がノックアウト。代わった西村から、服部が2点タイムリーを放ちこの回打者14人で9点を上げます。

奥村が調子がイマイチながらもなんとか抑えていましたが、5回につかまります。ヒット2本とエラーで満塁。ここで、1番仁枝、2番岡本の連続タイムリーと3番丸山の犠牲フライで4点を失います。

愛知は3〜5回はノーヒット。

6回の表にも犠牲フライで4点差と詰められた愛知。
その裏、四球とヒットで1死1,3塁のチャンスを作り、5番大石が2点タイムリー2ベースで突き放します。

7回から北川にスイッチ。8回に犠牲フライで1点は失ったものの、丁寧なピッチングで、3回1失点の好投。
8回裏に3番4番の連続ヒットで駄目押しした愛知が、12−6で逃げ切りました。

試合そのものは、2回の前川君の自滅で勝負がついてしまいました。審判のストライクゾーンが狭く、際どいところに投げようとして、ストライクが取れずに崩れた、そんな印象です。ただ、愛知に簡単にコールドをさせず、最後まで抵抗した豊川もシード校の意地を見せた、そんな印象でした。
リリーフした西村君は、投球もさることながら、打つほうも2打数2安打1四球。すばらしいセンスをしています。楽しみですね。

愛知はどうやらこの試合で奥村君は背中を痛めていたらしいですね。なんとなくおかしい感じはしましたが・・・。それでも次の名電戦も良く投げたと思います。
新チームには室田君を中心に近年の愛知にしては、選手が残ります。ピッチャーの伊藤君も力があるようなので、ベスト8を上回る成績を目指して、秋から頑張ってほしいです。期待しています。

この試合は、とにかく審判のゾーンが狭い上に微妙に可変。そのせいで、ピッチャーが苦しみ、無駄に長い試合になった気がします。デッドボールを簡単に取らなかったことは良かったのですが・・・。審判で試合が変わることをあらためて実感させられる試合でした。