27日に豊橋球場で行われた5回戦。中部大第一−成章の観戦記です。
シード校成章が優勢と思っていましたが、一つのプレーがきっかけで試合展開が大きく変わってしまう試合でした。

ランニングスコア

中部大第一
010010210|5 H12 E0
000000013|4 H7 E2
成章

中部大第一
田島 。慌鵝。隠毅乙紂“鎔詑韮掘〇融犁紕供〇或僑掘ー催寸

成章
大西 。慌鵝。隠隠卦紂“鎔詑韮隠押〇融犁紕押〇或僑供ー催寸機兵責点3)

田島君は右のサイドに近いスリークォーター。低めに丁寧に投げて打たせて取るのが基本パターンですが、外のスライダー、カーブを終盤効果的に使って、三振も取ってきました。

大西君は左のスリークォーター。さすがのキレ、コントロールをみせていましたが、5回くらいから球威が落ち、長打を食らう場面が増えました。

試合経過(敬称略)

1回表、2死無走者から3連打で満塁とするも、6番水谷を三振。初回のピンチを切り抜けます。

2回表、2死2塁のチャンスで1番林がタイムリー。中部大第一が先制します。

その裏、成章は、先頭坂本のヒットから1死2,3塁まで攻めるも、無得点。

5回表に1死から2ベース。2死から、5球目に3盗。サードの送球でタイミングはアウトに見えたが、やや送球がそれた分、ランナーと交錯。ボールがこぼれランナーがホームイン。このプレーをめぐって、成章が猛抗議。10分中断しました。たしかにどっちとも(エラーとも守備妨害)言えるプレーでしたが、もっと早く引いてほしかった。このプレーで流れを失ったと思います。

5、6回と得点圏にランナーを進めながら、あと一本が出ない成章。

7回表、2死1,2塁から、その前に守備で足を痛めた3番水野が気迫で左中間を破り、2点タイムリー。ただ、完全な2ベースコースが走れずにシングルHでした。臨時代走も出ましたが、最後まで出場しました。

8回表にも2本の長打で追加した中部大第一。
これで勝負はアリだと思いましたが、成章も8回裏、相手の暴投で1点を返し、9回2死ランナーなしから意地を見せます。

大西が四球で出て、小川が2ベースで2点目。1番間瀬が9球粘って四球を選び、2番服部がセンターオーバーの2ベースで1点差。なおも2死2塁でしたが、3番村田佑がライトフライに倒れ試合終了。

最後、成章の粘りはすばらしかった。ただ、それだけに、あのプレーの後、集中力を失ったような大西の投球がもったいなかった。もちろん、疲れもあったとは思いますが・・・。
中部大第一も6回にホームラン性のあたりを2ベースと判定で抗議したもののこちらは割とさらっと引きました。こういうところで差があったように感じます。

中部大第一はエース田島の疲れが心配。最後はあきらかに球威、コントロールが落ちました。あと、キャッチャーの肩がそれほど強くないのか、相当走られました。この辺りをピッチャーとの連携で防いでいきたいです。打つほうがどれだけ助けられるか、でしょうね。