24日に瑞穂球場で行われた第1試合、新城東−享栄の観戦記です。
享栄にとっては初戦となるこの試合。初戦にしては骨のある相手として、大会前から注目していたカードでした。ただ、意外と苦労しながら、ここまで勝ち上がった新城東。好ゲームを期待しながらの観戦でした。

ランニングスコア

新城東
000000100|1 H4 E2
01201000×|4 H7 E0
享栄

新城東
眞田 。群鵝。隠械圧紂“鎔詑韮掘〇裕紕機〇或僑押ー催寸粥兵責点3)
堂地◆。渦鵝。教紂“鎔詑韮亜〇裕紕亜〇或僑亜ー催寸

享栄
岡田 。慌鵝。坑元紂“鎔詑韮粥〇裕紕押〇或僑供ー催寸

眞田君は3年生、右のオーバーハンド。去年の夏に1度見ていますが、その時には気にならなかった、軸のぶれがこの日は目立ちました。そのせいで制球が定まらない、球も走らない、ボールが高めに浮く、そんな悪循環に見えました。ひじもややアーム投げ。フォームが大きい割りに球が来ないのが逆にチェンジアップみたいになっている感じはありました。

堂地君も3年生の本来はキャッチャー。ただ、140k以上出すという触れ込みどおり、なかなかスピードがあり、享栄を1イニングピシャリ。長いイニングは投げれないのかもしれませんが、もう少し早く投げても良かったかも?

享栄の岡田君は3年生のサウスポー、オーバーハンド。初回は固さが見え、あがっている感じでしたが、2回以降は落ち着いた印象です。春の時より球威が増し、ボールがさらに重くなった印象。詰まらせた打球が多かったです。ストライク先行でテンポのいい投球が光りました。

試合経過(敬称略)

初回、新城東は四球から2死2塁とし、4番堂地がヒット。しかしライトが強肩のため、3塁で止めた。この判断自体は良かったが、5番浅井が倒れ無得点に終わります。
その裏、制球に苦しむ眞田と攻め、1死1,2塁とするも、4番5番が凡退。

2回裏、享栄は四球、盗塁、内野安打で、1死1,3塁。ここで、9番中川のところで、パスボール。享栄が1点を先制します。なおも続くチャンスは活かせず1点どまり。

3回裏には、セーフティバントが3塁の送球がそれセーフ(記録エラー)。4番にバントをさせ、1死2塁で5番佐藤がノーツーからストライクを取りに来た球をものの見事にレフトへホームラン。2点を追加します。

新城東は2〜4回は三者凡退。5回に先頭の黒田がヒットで出るも、バント失敗で送れず無得点。

5回裏に享栄は2死無走者から、4番市川のヒットを足がかりに、6番松下がタイムリーで4点目。なおも満塁までいきますが、ここも後1本は出ません。

新城東は7回、四球、ヒット、送りバントで1死2,3塁。ここで7番服部は、センターへ犠牲フライを放ち、1点を返すも、後続は打てず。

そのまま享栄が4−1で逃げ切りました。

新城東としては、先制して、優位に試合を進めたかったですが、眞田君の出来がイマイチで、苦しい展開となってしまいました。もっと早く交代でもいい出来でしたが、ぎりぎりのところで持ちこたえて、なんとか可能性を残す、そんな展開でした。眞田君で結果を出してきたチームだったので、眞田君で負けるなら仕方ないという感じでした。

享栄も初戦ということを割り引いても寂しい試合。もっともっと点を取ってコールドにするくらいの力を見せてほしかった。チャンスでPOPフライが多かったので、もう少し、打つほうで修正していってほしい。
岡田君はさすがの安定感でした。他の長江君、八木君が調子を落としているという話もありますが、岡田君でどこまで勝ちあがれるか。ピッチャーが抑えきらないと甲子園が見えないチームだと思います。日程をうまく使いながら、勝ち上がっていってほしいですね。打線の奮起を期待します。