19日に四日市霞ヶ浦で行われた第1試合、桑名西−白子の観戦記です。
昨年ベスト8まで名を連ね、秋には県大会に進出している白子。対して、過去甲子園に春夏通じて3度出ているが、現チームでは県大会に進出出来てない桑名西の対戦となりました。

ランニングスコア

桑名西
000000000|0 H3 E3
10010020×|4 H8 E3
白子

桑名西
近藤 。顕鵝。坑元紂“鎔詑韮検〇融犁紕魁〇或僑粥ー催寸粥兵責点3)

白子
田岡 。慌鵝。隠隠患紂“鎔詑韮魁〇裕紕粥〇或僑検ー催寸

桑名西の近藤君は3年生、右のスリークォーターから球威はまずまず。連打は許さなかったものの、ところどころで長打を食らい、失点につながった。粘って投げてはいたのですが・・・。
田岡君は右のオーバーハンド。切れのいいスライダーを武器に組み立てていました。時折、カーブ、フォーク系の落ちる球を投げて的を絞らせず、要所で三振も取れる好投手ですね。

試合経過(敬称略)
1回表、桑名西は簡単に3人で終了。
その裏、死球と盗塁で2死2塁を作り、4番中山の3球目にエンドラン。ライトへのヒットとなり白子が先制。ただ、送球間への2塁進塁は阻止。1点で食い止めます。

2回表、桑名西は、エラーとヒットでノーアウト1,3塁の形を作る。が、続く6番小川のところで、1塁ランナーが盗塁を仕掛け憤死。バッターも連続三振で絶好の同点機を逸します。

桑名西はその後も毎回、ランナーを送ります。実に、初回以外は三者凡退はなし。ですが、自らのミスやツキのない攻撃で、得点できません。
3回は無死1塁でエンドランをしかけるも、ピッチャー真正面。ゲッツー。
4回は2死から四球で出るも、牽制アウト。
5回もエラーのランナーで出るも、後1本が出ず。
7回が1死2塁で、エンドランを仕掛けるもサードゴロ。ちょうど走ってきたランナーにタッチしてのゲッツーという信じられない形でチャンスを潰していきます。

白子は4回裏に、2死1塁から、7番米川の3ベースで追加点。
5.6回はランナーは出るも後続が続けなかったですが、7回裏、先頭の内野安打から、2番石垣の1塁線突破の2ベースで3点目、2死後、サードが体で打球を止めるも送球を焦り、ボールが手につかず痛恨のタイムリーエラー。駄目押しとなる4点目が最悪の形で入り、勝負アリでした。

8回、9回とも先頭を出す桑名西でしたが、結局得点は奪えず、白子が4−0で勝ちました。

桑名西は、拙攻がなければ・・・といった感じです。とにかくツキもなかったし、攻撃面のミスも目立ちました。あと、初回の守備で気になったのが、得点のシーン。明らかにホームでタイミングが厳しいところで直接バックホーム。ライトの子安君はものすごく肩が強く、ダイレクト送球だったのですが、そのせいでランナーをセカンドにやりそうになりました。子安君はまだ2年生。そういうところでの状況判断のミスをなくす練習をしていく必要がある気がしました。

白子は、なんと言っても田岡君の好投。これに尽きると思います。ただ、終盤つかれもあったとは思いますが、無駄な先頭四球があった。こういうのは強豪はついてきますので、なくすようにしていってほしい。チームとしては、1年生を積極的にスタメンで使い、エラーをしたら上級生に代わるなど、うまく戦力を生かしてる印象です。出来ればエラーを減らして、ピッチャーを助けていきたいですね。