9a8a66f3.jpg僕の部屋に転がっているゲーム機の中で、ファミコンはいまだ現役。

で昨日からベストプレープロ野球兇鮖呂瓩泙靴拭

ベストプレープロ野球の大きな特徴は、自分で選手を動かさずに、監督になりきること。そして、選手のデータをすべて書きかえれること。この2つが大きな特徴です。

なので17年前のソフトでありながら、現代の選手たちを登場させることが可能なわけです。

ただし、「ベストプレープロ野球供廚魯好ップモードはあるものの、片方のリーグしか出来ないため、日本シリーズは不可能です。もちろん交流戦も。

はじめは今シーズンのデータを打ち込んで・・・と思いましたが、昨日必死になって打ち込んだのはウエスタンリーグのデータ。ウエスタンは5球団しかないので残り1つは巨人にしました。そして当然ドラを操作して開始しました。

10試合戦って、9勝1敗でトップ。2位が阪神で8勝2敗。以下広島、サーパスと巨人が4位、ソフトバンクが最下位となっています。

わがドラゴンズは、4番堂上直が不振でスタメンを外れたりするも、平田が4割超えで打点も14でトップタイ。1番の澤井も好調で、あげた点を投手陣が守って勝ち星をあげています。吉見、中里、佐藤充が2勝負けなしと先発が充実しています。

ただ、不思議なもので、采配をふるう上でつい関係ないのに育成のことを考えたりしてしまうところはご愛嬌なんですが。

現実のドラゴンズのフラストレーションをこんな風に解消しています(笑)。さぁベスプレでのドラゴンズでウエスタン優勝を目指して頑張ります。