24日に豊橋市営球場で行われた第2試合、豊川−豊橋南の観戦記です。
2回表途中から雨が降ってきたために、投球をつけるのを止めてしまいました。なので投球数などは分かりません。ご了承ください。

ランニングスコアです。

豊橋南
0100010|2
0000025x|7
豊川
(7回雨天コールド)

投手成績
豊橋南
サイゴウ─。恐2/3 被安打9 四死球3 三振1 失点7

豊川
ホシヤマ 5回 被安打6 四球0 三振4 失点1
コダマ 2回 被安打1 四球1 三振3 失点1

豊橋南のサイゴウ君は、右オーバーハンド。球威はないですが、コントロールがよく、低めに丁寧に投げて打たせてとっていました。5回まではしっかり豊川を抑えていたし、四死球も6回までは0。よかったですよね。
豊川のホシヤマ君は左のスリークォーター。やや野茂のように背中を見せる投げ方。もう少し球威がほしいかな?コントロールは良さそう。
コダマ君は右のスリークォーターに近いオーバーハンド。雨のせいか、コントロールに苦しんでいました。

試合経過です。(敬称略)
初回、豊橋南は3者凡退。豊川は2死からヒットでランナーを2塁に送るも4番の近藤がレフトフライで0点。
2回表、2死から、6番7番8番の3連打で豊橋南が先制。
豊川は2回はゲッツーでチャンスを逃し、3回、4回も0点と沈黙。豊橋南は4回、5回と得点圏にランナーを送るもあと1本が出ず0点。
5回裏、豊川はイレギュラーHにピッチャーの悪送球でチャンスを貰うも9番1番が倒れ0点。このあたりで本格的にやばい雰囲気になる。
6回、代わったコダマが出した四球のランナーを6番中島がタイムリー2ベースで迎え入れ2点目。
その裏、豊川はヒット、盗塁、パスボールで1死3塁。4番近藤はファースト取れそうなあたりでしたが、後ろへそらし1点。また盗塁で2塁に進め、こんどはセカンドゴロをトンネル。豊川が相手のミスのおかげで同点に追いつきます。
7回表は3者凡退。
その裏、雨がさらにひどくなり、疲れもあってストライクが入らなくなったサイゴウは、2死1,2塁から連続四球で押し出し。あとはストライクを取りに行って、タイムリーと3点タイムリー2ベースで計7失点。ここで、中断に入り、そのまま試合成立になりました。

明らかに、雨のせいでコントロールに苦しんだし、7回で成立するということで、試合を強行したのが結果に響いたのが残念でした。
雨の影響がないところで、終盤を迎えたかったなぁと思います。

豊川は、もう少し圧倒して勝つかと思っていただけに、ちょっと拍子抜けでした。まぁ豊橋南も頑張っていましたが。サイゴウ君はエース、というわけではないし、自力で打ち崩してほしかったですね。雨がなかったら・・・、と言わせない試合を見せてほしかった。

ただ、豊橋南の頑張り、サイゴウ君の頑張りはすばらしかった。改めて、東三河の公立のレベルの高さを実感させてもらいました。