ドラゲーの名古屋はいつ以来かな?先週の全日と比べてよくお客さんが入ってました。ほぼ満員ですね。4500円にしては今回正面にあたりいい席で見れました。

開始前に全選手による入場式があり、前年度優勝者の斎了は車で特別な道を通って外から入場。宣誓も行い見事な特別扱いでした。これはよかった。これだけで結構満足しちゃいました。

第一試合 了、○ジャック(630°)K−ness、小野寺×
小野寺選手は初見ですが、なかなかいい動きでした。抜擢されているのもうなずけますね。

第二試合 ○ハルク(変形E.V.O.から)神田×
ハルクのダンス後を神田が強襲。試合数が多いからテンポが速い速い。神田が序盤ペースを握っていましたが、ハルクのバックキックがもろにあごに入ってから、一気にペースダウン。最後は息切れした形でした。ヒールターンをこのところ示唆してますが、もう少しなにか見せてほしかった。

第三試合 ○土井(バカタレから)宍戸×
これは土井が駄目駄目。まず自身にキレがないし、試合ももっと圧倒しなきゃ。宍戸に付き合っていてどうする。どっちにしてもコンディションを戻してほしいです。

第四試合 ○吉野(ライトニングスパイラルから)元気×
こんなに元気のない元気は初めて。いつもいい仕事をする堀口が今日は足を痛めたせいかもしれないが、動きにキレがなかったです。吉野はまぁこんなもんでしょう。試合後、誤爆した斎了に元気が胸突き。どうなりますかね。

第五試合 ○東郷(ダイビングセントーンから)森×
東郷はさすがです。すばらしい。逆に森の貧弱さ、駄目さ加減が浮き彫りに。相変わらず説得力がないし。途中で東郷にさっさと決めちゃえ、と何度も言ってしまいました。いい試合を作ろうとする東郷がやや不憫な試合でした。

第六試合 3ウェイ コング 対 アラケン 対 ブラック
     ○コング(サイバーボムから)アラケン×
サイバーコングのパイナップル潰しはやや迷惑なパフォーマンス。ちょっと塩分があるサイコンですが、なかなかポテンシャルもありそう。ドラゲーでどういうポジションを築くか見物です。ドラゴンゲートUSAのテーマは鷹木のテーマなんですね。ちょっとびっくり。

第七試合 ○Gamma(玉岡のマッドスプラッシュから)CIMA×
この試合は、先日の大阪の再戦としてはとにかく中途半端。こういう審判の介入による決着にするなら、大阪で再試合をしたら駄目だよ。今日このフォールを許すなら、あの時の裁定は何?って話になるし。もう少しきっちり(たとえ高速カウントでも)した形でのフォールにしないと。

第八試合 ○金村、黒田(爆YAMAスペシャルから)戸澤×、岩佐
試合前、岸和田が乱入。金村に喧嘩を吹っ掛けてました。ここでも金村はさすがの受け答え。というか、岸和田はマイク駄目だね。もっと返し様があるだろうに・・・。
すいません。序盤はトイレに行ってました。でもさすが金村は客沸かすのうまい。戸澤塾もまぁまぁ頑張ってましたね。

セミ   ○フジイ(ナイスジャーマン)岸和田×
岸和田兄さんの試合はずっと期待はずれ的な印象を過去持っていましたが、今日でわかりました。この人、しょっぱい。たしかに器用なんだけど、器用貧乏的な感じがします。フジイさんはよく頑張ってました。最後のジャーマンに高さがほしいけど、すぐ2連発に行ったのはよかった。

メイン  ○もっちー(真最強ハイキックから)享×
メインはさすが。いい試合でした。もっちーの謎賭け(試合前スカジャンを中央に脱ぎ捨てた)が気になります。最後、当たりが弱かったハイキックにフォールにいかずにもう一回撃ったのはさすがですね。
試合後の土井は相変わらずしょっぱいマイク。もう少しなんとかならないかなぁ。

お客は入ってましたが、プロレス的な盛り上がりは今ひとつでした。それでも声は結構出ていたし、満足できる大会だったんじゃないかと思います。ただ、試合は詰め込みすぎかな?試合を露骨に巻いていたし、ちょっともったいなかったです。