ちょっと遅くなりましたが、9月30日に行われました準々決勝の第1試合、享栄−成章の観戦記です。

ランニングスコアです。

享栄
000200000|2
000000000|0
成章

投手成績
享栄
長江 。慌鵝。隠械卦紂“鎔詑韮機〇融犁紕魁〇或僑掘ー催寸

成章
大西 。慌鵝。隠隠患紂“鎔詑韮検〇融犁紕粥〇或僑粥ー催寸

享栄の長江君は右オーバーハンド。やや立ち投げかな?なかなか球威はあります。投球テンポの速いピッチャーです。ややフィールディングがぎこちない感じです。

成章の大西君は、旧チームからのエース。球のスピードそのものはものすごく速いわけではないが、手元で伸びているのかかなり享栄打線を詰まらせてました。いいサウスポーです。

試合経過です(敬称略)
享栄は初回、2回とゲッツーで無得点。特に2回は盗塁死もあり、リズムが作れません。
一方成章も、初回は1死2塁、2回は1死1,3塁の場面を作りますが、あと一本がでず無得点。
4回表、享栄はヒットと死球で2死1,2塁の場面を作り、5番市川のあたりはファーストへボテボテのゴロ。これが1塁手の手前でイレギュラーしてタイムリーになり先制。6番オバタもタイムリーで続き貴重な2点をラッキーな形で上げる。

その後は両エースが踏ん張る。享栄も6回から毎回ランナーを出すも点は奪えず。一方成章も中盤以降はチャンスらしいチャンスを作れず無得点。
成章は8回2死1塁で4番花本がレフトへいい当たりを放つも享栄のレフト佐藤に好捕されたのが痛かった。あの辺を抜かせないのが、私学4強と言われるチームなのかな?と思いました。

結局2−0で享栄の勝利となりました。

で、残念な出来事が一つ。6回、2塁ランナーがいる場面で、成章が抗議。何かなー、とジェスチャーを見ていましたが、どうやら2塁ランナーがバッターにコースを教えていた、という感じに見受けられました。場内アナウンスがないため真相は分かりませんが、もし合っていたとしたら残念ですね。

成章は、序盤に1点でも取れていれば・・・。というところでした。ただ、イレギュラーヒットもヒットですからね。ちょっと待ったのもあったし。なんにせよもう少し打ってあげないと・・・。

享栄も打線が寂しい。たしかに大西君、いいピッチャーですが、ほとんど詰まったりしていたのが・・・。イレギュラーなかったらゼロゼロだったかもしれないし。ピッチャーはいいだけに、問題は打線。打線は水物ですが、根本的に寂しい感じでした。