7月22日、津島球場の第2試合、一宮北−向陽の試合を観戦してきました。本来は昨日は、熱田へ松蔭の応援に行くつもりだったんですが、朝、会社からメールが来て、予定よりも早く出社しなければいけなくなったので、近場の津島球場に矛先を替えて、観戦してきました。

ランニングスコアです。

一宮北
000000010|1
00000300×|3
向陽

投手成績
一宮北
伊藤 。顕鵝。隠横元紂“鎔詑韮検〇裕紕押〇或僑后ー催寸

向陽
伊藤 。慌鵝。隠隠乙紂“鎔詑韮機〇融犁紕魁〇或僑押ー催寸

一宮北の伊藤君は、右オーバーハンド。長身でなかなか球威のある球を投げていました。イメージとしてはダルビッシュのような感じ。まっすぐで空振りも取れるし、好投手だと思いました。ややモーションが大きい気がしました。

向陽の伊藤君も、右オーバーハンド。なんていうか特徴の少ない投手。すごくオーソドックスなタイプに感じました。打たせて取る投球が持ち味。うまくボールをちらして打たせていた印象です。

初回はどちらも無難な立ち上がり。お互い1人ずつランナーを出すものの0点。

2回の表、一宮北は、先頭の5番滝川が初球をヒット。次も初球に送りバントを決め、テンポ良くチャンスを作ったが、次打者の時に、ランナーが飛び出して、キャッチャーからの送球でタッチアウト。もったいない攻撃となります。

次にチャンスをつかんだのは向陽。3回裏に1死から、9番岩間がヒット。次の中山がセーフティバントを決め1,2塁。次のバッターのバントで揺さぶりここは1塁アウトとなりますが、2死2,3塁の形を作ります。ここで3番中島のあたりはショート後方にフラフラっと上がったフライ。ヒットになるかと思ったが、ショートが背走してキャッチ。ナイスプレーで得点を許しませんでした。

その後は5回まで膠着状態。お互い1人ずつランナーは出すものの得点出来ず。ゲームは後半に入ります。

試合が動いたのは6回。一宮北が、表の攻撃でこの試合初めて3者凡退に終わるとその裏、先頭の3番中島が、ものの見事にライトスタンドへホームラン。1点を先制します。続いて、エラーとヒット、盗塁でノーアウト2,3塁。ここでスクイズを成功させ2点目。2死後も8番都築がバントヒットを狙い、1塁への送球がワンバウンドで取れず(記録はヒット)。大きな3点目を向陽が奪います。

一宮北は8回に反撃。先頭の岩永が2ベース。これを足がかりにノーアウト2,3塁のチャンスを作ります。が、この場面で犠牲フライの1点しか上げられず。これで勝負あり。向陽が逃げ切りました。

どちらも投手の出来が良く、投手戦となりました。明暗を分けたのは守備。ホームランは仕方ないにせよ、その後のエラーなどが失点に繋がった一宮北。随所に好プレーが飛び出し、チャンスらしいチャンスを作らせなかった向陽。この差がそのまま点差に繋がりました。
はっきりいって、投手の力は一宮北の伊藤君の方が上に見えました。ただ、向陽はバントで揺さぶるなどで、見事に攻略しました。

向陽は、課題といえば盗塁を3つ決められたこと。ややキャッチャーの肩が弱い。ピッチャーの伊藤君はよく投げましたが、相手の貧打に助けられた感も否めません。今日出来がよかった守備でどこまで守り立てられるか、また、打線がどれだけ助けられるかが次また勝てるかの鍵になりそうです。

一宮北は、伊達に、春に県大会まで進んでないな、と思いました。特にピッチャーの伊藤君は初戦で消えるには惜しい球を投げていました。が、ミスが出たほうが負けるのが野球。そのあたりが残念でしたね。