熱田球場
愛工大名電5−1誠信
∨田大谷1−13愛産大三河
(6回コールド)

春日井球場
春日丘6−4丹羽
安城4−2栄徳

小牧球場
^γ侶疾6−8愛知
¬昌垤芸3−8弥富

豊田球場
豊田西4−2豊川工
∈丘1−2刈谷

阿久比球場
_崎城西1−2碧南工
中京大中京5−6×名古屋国際

名電は順当勝ちなんですが、意外な小差。ただ、1年生が投げたりと、あくまでも先を見据えながらの戦いだと思われます。
豊田大谷は自滅というか、途中で集中力が切れてしまったみたいです。春、ということで投げてしまったのでしょう。ただ、そういうチームが夏を勝ち抜けるとは思えません。これをどう活かすのか、夏を見ましょう。
一方の愛産大三河。1回戦とはうって変わっての大量点。勢いにのって大府とあたれますね。
春日丘は意外な苦戦。それよりも栄徳が安城に喰われたのには少々驚きました。
小牧組はまた観戦記を上げます。
豊田西も苦戦。最終回でひっくりかえしたとか。豊川工は力を付けていますね。
刈谷が強い。西三河で杜若や愛産大三河を破っているのは伊達じゃないみたいです。
中京大中京が負けてしまいました。このところのスコアや戦いぶりを見ていると、あんまり驚かないんですけどね。ただ、ピッチャーとかの出来がそれほど悪かったわけじゃないらしいので、夏に調子を上げられるかが鍵になりそうです。

1試合を除きコールドもなく接戦が多かった。やはり今年は混戦ですね。どこのチームにもチャンスがありそう。名電も昨年ほどの安定感はないし。おもしろい夏になりそうです。